<お知らせ>・【2019/7~】小説家になろうで【悪がいるからダメなんだ】の小説を書いている。ブログの更新は、しばらくゆっくりになる。
・キャンプファイヤーで資金を集めています→★【神共 歩】「小説家になろう」のサイトで、無料小説を書いて、出版社に応募したい★
毎日、幸せを体で感じ、幸せな目線で、美しく広がった世界を見れるように

神共 歩(しんとも あゆむ)公式ブログ <shintomoayumu blog> > ★悪人とは > 【悪人とは】 群れの中に、悪人が、潜入、潜伏している。(記事No.89)

★悪人とは

【悪人とは】 群れの中に、悪人が、潜入、潜伏している。(記事No.89)

  【悪人とは】群れの中に、悪人が潜入、潜伏している。



 他の人の痛み(悲しみ、苦しみなど)から、まったく痛みを感じないのであれば、人は群れを形成できない。

 悪人は、他の人の痛みを、理解しない。

 悪人が、「正当で正しい世界」を構成する群れの、行動を阻んでいる。



【★1。群れの中での、悪人の生き方】

<1>。他の人の痛みを感じず、他の人を助けない事で、危険(敵)から逃れる場合がある。

<2>。「★1の<1>」の場合、悪人にとっての群れは、危険から自分を隠す、危険から目立たないように隠れる為のものとなる。

<3>。悪人は、危険(敵)が、犠牲者(他の人)を攻撃しているうちに、「敵を倒さず、敵から逃げる」という方法をとる。

 ①。敵は倒さず、そのままなので、敵は自然と強くなっていく。

 ②。群れの中の、「敵と戦う人(達)」(逃げない人。正義など)は、死にやすい。子孫が残りにくい。

※1。ちなみに、「敵と戦う人(達)」が死んで、「敵と戦う人(達)」の力が減れば、群れが全滅に向かう。

  「敵と戦う人(達)」がいる群れは、「敵と戦う人(達)」が強くなっていくと、群れの存続確率が上がる。

  「敵と戦う人(達)」が、弱い群れは全滅に向かう。「敵と戦う人(達)」が、強い群れは存続する。

  なので、「敵と戦う人(達)」が強くなる為に、群れの「協力」などが発生する。

<4>。犠牲者を使い、悪人の安全が保たれた場合。

 ①。犠牲者の犠牲で、助かった悪人が生き残り、悪人が子孫を作り増えていく。

  (1)。「奪う」悪人が増え、「必要なものを作り出す能力」を持つ人が減る。と、いうこと。

  (2)。悪人を放置しておくと、悪人が増えていく。(逃げることで、個体としては安全だから)

 ②。悪人の生き方を真似しようとする人が出てくる。

<5>。悪人は、人の痛みを感じず、人を犠牲にして生きるので、「奪う」という選択肢をとりやすい。

<6>。「奪う」行為には、奪われる人から反発が発生するので、「騙す」や、「威嚇」や、「暴力」行為などで、反発を防ぐことが必要になる。

<7>。悪人は、「必要なものを作り出す能力」では無く、「奪う」能力の発達により、先祖代々、生存競争を生き残ってきたものである。

<8>。「奪う」能力しかない悪人の生存には、「必要なものを作り出す能力」を持つ、他の人が必要となる。

<9>。悪人は、群れの形成の役割をこなせず、群れの形成に害となる行動をとるので、群れから排除される傾向があり、悪人が群れの中で生きるには、群れの役割を行っていると偽装する必要がある。

<10>。悪人は、他の人の痛みを感じない、「心と考え」の欠陥者なので、群れの他の人のモノマネを行い、群れの役割を行っていると偽装する。

 ①。モノマネ者は、その都度の状況などに対する、「心と考え」の理論や判断から行動するよりも、「場面に対する処理の仕方」を学び、その都度の、場面に当てはまるものを、記憶から選び、使って行動する。

  (1)。「心と考え」が正常に機能しないから、理論や判断で行動すると失敗する。

 ②。「★1の<10>の①」の為、悪人は記憶力が高いという特徴がある場合がある。

  (1)。記憶力が高いほど生存確率が高まる。

  (2)。記憶の「場面に対する処理の仕方」の数が増えるほど、行動の幅が広がり、生存確率が上がる。





【★2。他の人を助けるということのない群れ】
 
<1>。他の人を助けるということのない群れは、「弱い者が犠牲」になりやすい。(子供など)

<2>。個体の集まりであるので、危険(敵)が犠牲者を攻撃しているうちに、群れの他の人は「敵を倒さず、敵から逃げる」ので、他の人を助けないことにより、生存確率が高まる。

<3>。自分だけが生き残れば良く、それが結局、種の保存に繋がる。

 ①。「自分だけが良い状態であれば、それで(が)良い。自分以外は、どうでもよい」という発想を持つ。

<4>。「自分だけ」の、個体として生きているので、群れの他の人は、ただ近くにいるだけの存在という認識である。

 ①。群れの他の人は、自分にとって都合のよいときに、都合がよく使える存在(自分の為の道具)と、いう認識である。

<5>。他の人の痛みに対し、未来において、自分が同じ痛みを感じる可能性があるとは考えない。

 ①。自分と、他の人は、「別のもの」であるから。

<6>。自分が、犠牲者となった場合、群れの他の人は助けてくれない。

 ①。自分が、犠牲者となる可能性があるとは考えない。

  (1)。考えるのは苦痛であり、体の不調が発生するなど、生存に不利となる。

<7>。群れの他の人に対して、無関心となる。

<8>。協力して群れの能力を上げるということがない。



【★3。もしも、悪人だけで群れを形成した場合】

<1>。「★1の<1>~<5>」により、悪人が増え、群れの悪人の割合が高くなった場合、群れの形成が難しくなる。

<2>。悪人の割合が高くなり、悪人だけとなったら、群れを形成するのは、不可能である。

 ①。「奪う」ものが無いから。

 ②。危険(敵)を誰も倒さず、危険(敵)が強くなるので、いずれ全滅する。

<3>。「★2」から、協力の無い個体の集まりとは、悪人だけの群れ、である。

<4>。悪人だけの群れでは、奪い合い、騙し合い、ただ、生存(快楽)だけが生きる目的となる。

 ①。奪い合い、騙し合いの社会は、まともな「心と考え」を持つ人にはとても辛く、まともな「心と考え」を所持することが苦痛となり、どんどんまともな「心と考え」を持つ人が絶えて(死んで)いく。

 ②。奪い合い、騙し合いの社会は、まともな「心と考え」を持つ人にはとても辛く、生存に害のあることが多く、生命の危機を常に感じるので、現実からの「逃避」が発達していく。

  <例えば>恐怖への笑い。現実認識の薄さ。など。

 ③。悪人には善行を行う能力が無い。

  (1)。善行は、まともな「心と考え」から発生するものである。

 ④。善行による、幸福感(快楽)が体験できないと、生存の為の欲の成就(快楽)を求めることになる。他の快楽は無いから。

  (1)。まともな人の生き方は、生きる為の目的(善行)があり、「目的(善行)の為に生きている」と、いうもの。

   <例えば>「食べる為に生きる」のではなく、「生きる為に食べる」と、いうこと。

  (2)。人は、善行以外に、生きる目的(生きる理由)は無い。

   自分の命や生き方が、善行に繋がっていない状態だと、生きる意味が無いと考えだす。

   悪人は、善行に繋がっていない行動(悪行)をするので、「人は生きる意味が無い」という世界観を持つし、実際に、悪人は生きている意味が無い。

   人の生きる意味とは、「善行をすること」である。人は、善行をする為に生きているのである。

<5>。悪人は「奪う」という行為で生存する生き物であるので、悪人同士、お互いに奪い合うことになる。

 ①。悪人の群れでは、群れの他の人(悪人)も、危険(敵)として存在している状態である。

 ②。悪人同士、お互い攻撃しあうと、群れが全滅し、生存が困難となるので、現在、生き残っている悪人は、群れを存続させるための能力として、「群れの仲間意識が強い」場合がある。
 
  (1)。まともな「心と考え」から生まれた、群れの仲間を大事にする行為(「心と考え」)ではないので、歪んでいる(不快である)ことが多い。

 ③。「必要なものを作り出す能力」を持つ人は、奪われる人となる。

  (1)。群れや、自分にとって「必要なものを作り出しては、悪人に奪われる」ことは、命(体力、時間)などの無駄であり、生存の能率が悪い。

  (2)。奪われる人は、生存の能率が悪いので、子孫を残しずらい。つまり、「必要なものを作り出す能力」が絶えていく。

  (3)。悪人は、「必要なものを作り出す能力」を持つ人への強要で、必要なものを得ようする場合がある。

   その場合、「必要なものを作り出す能力」を持つ人は、強要から苦痛を感じ、体の不調が発生するなど、生存に不利となる。

<6>。悪人は「奪う」ことが出来ないと死ぬので、奪う能力が高い者が生き残る。

 ①。悪人は、自ら「必要なものを作り出す能力」が無いので、奪えないと死ぬ。

 ②。悪人の群れでは「奪う」為の、「騙す」、「威嚇」、「暴力」など、悪人の、生存の為の対処法の、能力が高まっていく。

<7>。悪人の群れで、犠牲者となると、生き残れないので、自分が犠牲者になるのを回避しようとする。

 ①。助け合わないから、犠牲者となると、生き残れない。

 ②。他に奪う対象者(犠牲者)がいると、自分が奪われることを回避できるので、犠牲者(他の人)を「故意に」作り出し、「奪う」対象物だとして、存在させようとする。

 ③。犠牲者を「故意に」作り出すことで、群れの他の悪人に、自分を強い人だと、見せかけることが出来る。
  
<8>。悪人は、群れの他の悪人に対し、「自分は強い」と、見せかける為に、表現(行動)をする。

 ①。弱いと、奪われる立場の犠牲者として狙われやすいから。

 ②。「★3の<7>の②」から、弱いと、犠牲者の立場に「故意に」置かれるから。

 ③。群れの他の悪人同士、お互いに、「自分は強い」と、見せかける為に、表現(行動)をする。

  (1)。強さ(見せかけを含む)を競い合う。

  (2)。危険(敵)への「牽制」である。

<9>。悪人だけでは、群れが形成できないので、他の群れから「奪う」と、いう行為で、悪人は生存することになる。

 ①。悪人は、「必要なものを作り出す能力」が無いので、他の群れから、必要なものを奪って、生存する。

 ②。まともな「心と考え」の機能を持つ卵子(種)を持つ女に、無理やり子作りを強要し、群れに、「必要なものを作り出す能力」(奪えるもの)を補給する。

 ③。悪人の生き方により、また、群れに悪人が増え、群れが形成できなくなると、また、「必要なものを作り出す能力」を持つ人を、補給する。

 ④。現在の、悪人が持っている、「必要なものを作り出す能力」は、過去に、群れに、「必要なものを作り出す能力」(奪えるもの)を補給した結果である。

<10>。悪人は、悪人の群れの中では、生きることが困難であるが、善人の群れに潜入できると、楽に生きていけるので、悪人は善人の群れに潜入し、生きようとする。

 ①。善人は騙されやすい。善人の群れでは「騙す」という行為が不要であり、善人は「騙す」という行為への対応に慣れていない。

  (1)。人を信じることで、協力など、群れの機能の能率が上がる。

   1つ1つのことに、人を疑うと、協力など、群れの機能の能率が下がる。

   人を疑うと、協力が出来ず、(生存に必要な)瞬間的な判断、群れの目標の達成の遅れ(無駄な時間、無駄な労力)など、群れの機能の能率が下がる。

  ※1。悪人の存在する現状では、疑うことが必要となる。悪人に騙されると、悪人の利益となり、悪人の生存、繁殖の為になってしまう。

 ②。善人は、戦う力が無い(弱い)ことが多い。

  (1)。善人の機能的な群れでは、「敵と戦う人(達)」に守られ、生存に「戦う力」が不要だから。

  (2)。善人の群れに必要なのは「必要なものを作り出す」能力であり、「戦う力」は、群れの一部の「敵と戦う人(達)」が持つだけで足りるから。

  (3)。善人の群れでは「威嚇」、「暴力」という行為が不要であり、善人は「威嚇」、「暴力」と、いう行為への対応に慣れていない。

 ③。悪人の潜伏が上手いと、善人は、悪人を自分の群れの人(善人)だと間違い、悪人を助ける行為が発生する。

  (1)。悪人の潜伏を見破れる、善人の能力の発達が必要である。

  (2)。悪人が群れにいると、「群れが破壊されていく」、「自分も、他の群れの人も死ぬ(不幸な一生となる)」と、いう認識を、善人が持つ必要がある。

  (3)。善人は、群れの仲間の痛みを、嫌がり、救うが、悪人を「害である、同じ群れの仲間ではない」と認識できないと、悪人を自分の群れの仲間だと判断し、悪人の痛みを、嫌がり、救う。

  (4)。悪人は、善人の「群れの仲間を助ける」という反応を利用して、生存しようとする。

  (5)。悪人は、「騙す」行為で、善人が、自分を助けるように仕向ける。

  (6)。悪人は、「擬態」で、善人が、自分を助けるように仕向ける。
 
 ④。善人は、まともな「心と考え」で群れを形成し、「必要なものを作り出す能力」を高めてきた人が多く、善人の群れは「奪えるもの」が、沢山ある状態である。

 ⑤。悪人は、善人の群れに、潜入する能力を高めることで、生存しやすい。

 ⑥。悪人は、善人の群れに、潜入して生きることに、苦痛を感じる場合がある。

  (1)。悪人は、まともな「心と考え」が無いので、善人の行動の意味が分かず、善人の群れから、遊離(ゆうり)する(浮いた存在になる)ことが多く、悪人の生存方法の「自分を強く見せかける」などに対し、苦痛を感じる場合がある。

  (2)。悪人は、まともな「心と考え」が無いので、善人とは生き方が真逆であることが多く、悪人の行いたいこと(悪人の生存方法)の、真逆を行う善人の、モノマネをしながら生きるのが苦痛である場合がある。

  (3)。悪人は、善人の群れに、潜入して生きることに、苦痛を感じ、善人の群れを破壊しようと行動する場合がある。

  (4)。「★3の<10>の⑥の(3)」以外にも、悪人は、悪行を行う(悪行の欲を持つ)ので、善人の群れを破壊しようと行動する場合がある。

  (5)。悪人が、生まれつきの、本能的な、悪人の生存方法を使うだけで、善人の群れは破綻へ向かう。

 ⑦。善人の群れの中から、悪人を追い出さないと、善人の群れは破綻する。

  (1)。善人の群れから、悪人を排除するように行動することが必要である。

<11>。「悪人だけの群れ」の社会は、子孫が残りづらい社会なので、子孫を残すために、異常に子供を大事にする悪人がいる。

 ①。子孫を大事ではないと考える、悪人の子孫は残りづらく、現在、生き残っている悪人は、何かしらの、子供を残そうとする行為(能力)の結果である。

 ②。悪人の、異常に子供を大事にする行為は、まともな「心と考え」から生まれた、子供を大事にする行為(「心と考え」)ではないので、歪んでいる(不快である)ことが多い。



【★4。★3から、悪人の生存には、群れの中に、悪人ではない人(犠牲者、有能者)が、必要となる】



【★5。まともな人には、群れの形成が必要であり、群れの形成には悪人を排除することが必要である】

<1>。悪人ではない人(犠牲者、有能者など)や、「正当で正しい世界」の形成には、群れの形成が、一番、機能的である。

<2>。「正当で正しい世界」の為の、群れの形成には、群れの形成の邪魔になる、悪人の排除が必要となる。

<3>。悪人の排除とは、「正義」と呼ばれる行為であり、「正当で正しい世界」の形成に、絶対必要な行為である。

<4>。悪人を排除する為に、悪人の行為に不快感を持ち、「悪人を倒そう(駆除しよう)」という、まともな「心と考え」からの、発想を持つ人がいる。

 ①。群れを存続させる為に、悪人を排除(駆除)することが必要である。

 ②。群れの存続の為に、備わった能力(発想)である。

 ③。悪人を駆除すると、結果として、「正当で正しい世界」が形成されていく。

 ④。結果として、「正当で正しい世界」を形成するので、悪人を倒そうとするのは、正しい「心と考え」である。

 ⑤。悪人を倒そう(駆除しよう)という、「心と考え」を持つ人は、まともな人であり、人の本来の生き方である。

<5>。悪人から群れを守る為の能力の発達が、まともな人には必要である。

<6>。悪人に、生存の為の行為をさせないことが、まともな人や、「正当で正しい世界」の形成には、必要である。

<7>。悪人の、生存の為の行為は、「正当で正しい世界」の形成に、真逆に働く。



【★6。まともな人は、「正当で正しい世界」を形成する為に、群れを存続させ、生きる為に、「必要なものを作り出す能力」が備わった】

<1>。まともな人は、能力により、「必要なもの(悪人が奪おうとするもの、悪人が欲しがるもの)」を得ているので、まともな人が、「必要なもの(悪人が奪おうとするもの、悪人が欲しがるもの)」を持っていることは、道理にかなっていて当然のことであり、悪いことでは無い。

<2>。悪人の、「奪う」行為は、悪いことである。

 ①。「★3の<5>の③」から、「正当で正しい世界」を形成する為の、「必要なものを作り出す能力」の存続(発達)を阻害するから。

 ②。「正当で正しい世界」の形成に対して、逆の作用を持つ(破壊の方向に働く)行為だから。

 ③。奪われることで、能力の発達が、阻害され、社会の発達や、幸福など、広範囲に渡り、まともな人が持てる、本来の利益が阻害される。

 ④。「正当で正しい世界」の法則通りの、正当な群れの形成により、必要なものを持てるに至った人から、「奪う」のは、「正当で正しい世界」を形成しようとする、まともな人の行動(生存、命)を、邪魔(阻害)する行為である。

 ⑤。悪人の生存(生存方法)とは、悪いことである。

<3>。「人より優れている、「能力」や、「必要なもの」などを持つと、妬まれて、攻撃されるのが当たり前」と、いう発想(価値観)を持つ悪人も多いが、「★4の<1>と<2>」から、まともな人が、能力により、必要なものを持っていることは悪いことでは無く、悪人の「奪う」行為の方が、悪いことである。

  ①。人より優れている「能力」を伸ばすことが、まともな人の生き方であり、「正当で正しい世界」の形成の為になり、常識である。

  ②。人より優れている「能力」を伸ばすことは、群れとしての、協力であり、群れが発達する行為である。

  ③。悪人が存在している現状では、「悪人に狙われる(攻撃される)ので、人より優れているものを隠すことは、生存への知恵であるので、隠すのが当たり前」と、いう意味で使われることがある。

  「現状を認識して、防御する能力が必要である。防御しろ。防御するのが当たり前」と、いう意味である。  

  「人より優れているものを、持っていることが悪いことだから、攻撃される」と、いうことが、「正当で当たり前」と、いう意味では無い。

  ④。人より優れている「能力」を隠すと、能力を伸ばしたり、能力を使う為の、協力が得られないので、「能力」の公表に邪魔になる、悪人を駆除する必要がある。

<4>。「奪われるものを持っていることが悪い」と、いう発想(価値観)を持つ悪人も多いが、「★4の<1>と<2>」から、まともな人が、能力により、必要なものを持っていることは悪いことでは無く、悪人の「奪う」行為の方が、悪いことである。



【★7。「正当で正しい世界」の形成の為には】

<1>。まともじゃない「心と考え」だから、現在まで生き残ってきたのが悪人である。

<2>。まともな「心と考え」を持った人でなければ、「正当で正しい世界」を形成できない。

<3>。地球で、一番機能的な、人の社会(群れ)が「正当で正しい世界」である。

<4>。悪人の生存方法は、まともな「心と考え」を持つ人としての、生存方法ではない。

<5>。このまま悪人を放置しておくと、悪人の悪が悪化し、世界への害も増えていく。

<6>。まともな人であるなら、世界への害を、そのままにはしておけない。

<7>。「正当で正しい世界」を形成する為に、悪人を駆除する「正義」の「行動」をすること。





<<【やる事】「本物の私が活動できていない状態」のとき、『5人組や、5人組の仲間達』へ拷問を行うこと(記事No.90)神共 歩(しんとも あゆむ)公式ブログ <shintomoayumu blog>【やる事】 絶対、情報は世界で共有すること(記事No.88)>>

コメント

コメントする

カテゴリ

最新記事

検索フォーム

プロフィール

神共 歩(しんとも あゆむ)

Author:神共 歩(しんとも あゆむ)
ただ今、「小説家になろう(外部サイト)」で無料小説を書いています。
不快な世の中にウンザリしていて、善行をやらないとイライラが溜まるだけなので、やることにした。
世の中を良くする方法は知っているので、とりあえず小説で書くことから初めてみようかなっと思いまして・・・
今(2019/5)は結構ヒマなので、多少読者の質問に答えられそうです。返事が気に入らなくても文句を言わない約束で(反論&意見は受け付けます)★メール★からどうぞ。
 分かりにくい表現や、誤字などがあるかと思いますが、今(2019/5)はかなり忙しくて直せません。内容はとても重要なことだと考えているのですが、生活に関して忙しいのです。3年以内に誤字などが直せたら上出来だと思っています。申し訳ありませんが、しばらくお待ちください。

月別アーカイブ