<お知らせ>・【2019/7~】小説家になろうで【悪がいるからダメなんだ】の小説を書いている。ブログの更新は、しばらくゆっくりになる。
・キャンプファイヤーで資金を集めています→★【神共 歩】「小説家になろう」のサイトで、無料小説を書いて、出版社に応募したい★
毎日、幸せを体で感じ、幸せな目線で、美しく広がった世界を見れるように

神共 歩(しんとも あゆむ)公式ブログ <shintomoayumu blog> > ★やる事の提示・「行うこと」 > 【やる事】「本物の私が活動できていない状態」のとき、『5人組や、5人組の仲間達』へ拷問を行うこと(記事No.90)

★やる事の提示・「行うこと」

【やる事】「本物の私が活動できていない状態」のとき、『5人組や、5人組の仲間達』へ拷問を行うこと(記事No.90)

<作成中>

【やる事】「本物の私が活動できていない状態」のとき、『5人組や、5人組の仲間達』へ拷問を行うこと(記事No.90)



【★1。やる事の概要】

「本物の私が活動できていない状態」のとき、『5人組や、5人組の仲間達』へ拷問を行うこと。

 私が、自分の本当の「意識と記憶」などを失って活動している状態や、私の体を偽者に使われている状態など、「本物の私が活動できていない状態」になっているのは、『5人組や、5人組の仲間達』の操作(などの行動)によるものである。

「本物の私が活動できていない状態」になったら、「すぐ」に『5人組や、5人組の仲間達』を拷問し、本物の私が活動できている状態にすること。




【★2。拷問を行う理由】

<>。「本物の私が活動できていない状態」になったら、「すぐ」に『5人組や、5人組の仲間達』を拷問することを「徹底」すれば、「本物の私が活動できていない状態」が、無くなっていく。

<>。行えば行うほど、徹底すれば徹底するほど、私の、「本物の私が活動できていない状態」が、無くなっていく。

<>。「本物の私が活動できていない状態」になったら、「すぐ」に『5人組や、5人組の仲間達』を拷問することが、「本物の私が活動できていない状態」になることを、抑止することになる。

 ①なぜなら、『5人組や、5人組の仲間達』は、拷問されたくないから。

 ②なぜなら、『5人組や、5人組の仲間達』は、拷問されたくないから、<「本物の私が活動できていない状態」にする>操作などを、行わない。

 ③なぜなら、『5人組や、5人組の仲間達』は、拷問されたくないから、「本物の私が活動できていない状態」にしない。

 ④つまり、『5人組や、5人組の仲間達』の悪事に対して、『5人組や、5人組の仲間達』の「嫌がること」、「されたくないこと」をすることが、『5人組や、5人組の仲間達』の悪事への抑止力となる。

 ⑤『5人組や、5人組の仲間達』の主要人物、中心的存在を拷問することで、<「本物の私が活動できていない状態」にする>と、「不味いことになる」と、いう発想を、実行犯である、操作者たちなどに認識させる(感じさせる)。

  (1)。操作などを辞めなかったことで、実行犯である、操作者たちなどが、拷問を受けている『5人組や、5人組の仲間達』の主要人物、中心的存在に、怒られることになる。

  (1)。操作などを辞めなかったことで、拷問を受けることになる、『5人組や、5人組の仲間達』の人数が増える。

  (1)。操作などを辞めなかったことで、拷問を受けることになった、『5人組や、5人組の仲間達』から、怒られることになる。

  (1)。操作などを辞めなかったことで、現状のまともな人の怒りが増え、『5人組や、5人組の仲間達』の敵が増え、『5人組や、5人組の仲間達』への排除、攻撃が強くなる。

  (1)。操作などを辞めなかったことで、現状のまともな人の怒りが増え、『5人組や、5人組の仲間達』の敵が増え、『5人組や、5人組の仲間達』への捜索が強くなる。

  (1)。操作などを辞めなかったことで、現状のまともな人の怒りが増え、『5人組や、5人組の仲間達』の敵が増え、『5人組や、5人組の仲間達』を、悪人で敵だと思う人が増える。

  (1)。操作などを辞めなかったことで、「本物の私が活動できていない状態」にする操作をしている場所に、一度でも居たことがある人の全員は、もしも見つかったら、さらに、強く激しい拷問をされる。

  (1)。悪いことをするから拷問される。悪いことをするから罰せられる。「本物の私が活動できていない状態」にすることは、悪いことである。

  (1)。「本物の私が活動できていない状態」にする操作をしている場所にいる全員は<「本物の私が活動できていない状態」にする【実行犯】>である。

  (1)。「本物の私が活動できていない状態」にする操作をしている場所に、一度でも居たことがある人の全員は<「本物の私が活動できていない状態」にする【実行犯】>である。

  (1)。「本物の私が活動できていない状態」にする操作をしている場所を、知っている人の全員は<「本物の私が活動できていない状態」にする【実行犯】>である。

  (1)。「本物の私が活動できていない状態」にする操作をしている場所に、一度でも居たことがある人を、知っている人の全員は<「本物の私が活動できていない状態」にする【実行犯】>である。

  (1)。<「本物の私が活動できていない状態」にする【実行犯】>を知っている人は、≪<「本物の私が活動できていない状態」にする【実行犯】>と、(操作者たちと)、「場所」≫など、「知っていること全て」を、「世界に公表」しなくてはならない。「世界に公表」をしないことは、悪いことである。悪事である。悪事には罰を与える。

<>。「本物の私が活動できていない状態」になったら、「すぐ」に『5人組や、5人組の仲間達』を拷問することで、本物の私が活動できている状態になる。

 ①すぐには効果が出なくても、拷問を、続ければ続けるほどに効果が出る。

<>。<「本物の私が活動できていない状態」にする>ことは、悪事である。

 ①私以外にも、誰に対しても、本物が活動できない状態にすることは、悪事である。

 ①私以外にも、誰に対しても、本物が活動できない状態に操作などすることは、悪事である。

 ②罪には罰である。悪事には、罰を与えなくてはならない。

<>。「本物の私が活動できていない状態」になったら、「すぐ」に『5人組や、5人組の仲間達』を拷問し、人類は悪人と戦い、絶対に「正当で正しい世界」を形成していくと、表現する必要がある。

 ①表現は、「正当で正しい世界」を形成する為の、力になる。

 ①表現の対象は、善人、悪人、神。

 ②表現によって、善人には、一緒に戦えという呼びかけになる。仲間がいるという、励ましになる。

 ③表現によって、「悪事であるという認識がない」、「悪事を行っても罰は受けないという妄想」、「悪事が重大な行為ではないという、間違っている善悪の価値観」などの状態の悪人へ、現実や、現状のまともな人の意志・意向を知らせる必要があるから。

 ④表現によって、「正当で正しい世界」を、誰よりも一番に求めている神に対して、我々は、絶対に「正当で正しい世界」を形成していく、神の忠実なしもべであると、意思表示をする為。

 ⑤正義の「意思表示」、「行動」、「現実世界への表現」をすることで、「正当で正しい世界」が形成されていく。




【★3。やる事、拷問】

<>。「本物の私が活動できていない状態」になったら、「すぐ」に『5人組や、5人組の仲間達』を行うこと。

 ①拷問とは、肉体的な苦痛を与えることである。

 ②精神的苦痛などを、追加してもよい。

<>。拷問を行っても、すぐに効果が出ず、「本物の私が活動できていない状態」が解除されない場合も、拷問を行い続けること。

<>。『5人組や、5人組の仲間達』への拷問は、世界に放送されるべきである。

 ①<「本物の私が活動できていない状態」にする>ことに関わっている、<「本物の私が活動できていない状態」にする【実行犯】>達に、拷問を受けている『5人組や、5人組の仲間達』の状態を知らせる為に、放送が必要である。

 ③なぜ拷問しているのか、理由が分かるようにしてほしい。

 ②「「本物の私が活動できていない状態」だから、「本物の私が活動できていない状態」にする操作などに対する、報復として、拷問をしている」と、主張(表現)すること。

<>。「本物の私が活動できていない状態」が止まり、本物の私が活動できている状態になったら、一時的に、『5人組や、5人組の仲間達』への拷問を停止してよい。

<>。また、「本物の私が活動できていない状態」が再開されたら、また、『5人組や、5人組の仲間達』への拷問を再開してほしい。

<>。「「本物の私が活動できていない状態」にする行為を行えば、『5人組や、5人組の仲間達』が拷問される」と、いう「絶対の法則」を執行し、提示してほしい。

※1。世界への放送は、状況により、臨機応変に行え。

  現状では放送が出来ない場合も、録画しておき、放送が出来るようになったときに、放送を行うこと。




【★4。拷問のやり方】

<>。拷問は、拷問を行う目的(理由)を、主張しながら行うこと。

 ①なぜ拷問を行って(おこなって)いるのか、何の為に拷問を行っているのか。

 ②どうすれば、拷問を辞めてあげるのか、主張しながら拷問を行うこと。

 ③主張を口で言ったり、主張が書いてある紙などが、拷問の映像に映りこむように行うこと。

 ④同じ内容でも、色々と、言葉を変えて、説明の表現方法を変えて、説明してほしい。その方が分かりやすく、沁み込みやすいから。

 <例えば>

 ①「悪事を行うから、罰が発生する」

 ②「悪事を行った者には、罰を与える」

 ③「拷問は、悪事を行ったことに対する、罰である」

 ④「<「本物の私が活動できていない状態」にする>ことは、悪事である」

 ⑤「悪事は、「絶対に」許さない」

 ⑥「悪事を行った者には、「絶対に」罰を与える」

 ⑦「「本物の私が活動できていない状態」にしている者は、「本物の私が活動できていない状態」にすることを辞めろ」

 ⑧「「本物の私が活動できていない状態」にすることを辞めたら、拷問を辞める」

 ⑨「本物の私が活動できる状態になったら、拷問を辞める」

 ⑩「「本物の私が活動できていない状態」だから、『5人組や、5人組の仲間達』に拷問している」

 ⑪「本物の私が活動できていない状態」にする操作などをするな」

<>。拷問を行っても、すぐに効果が出ず、「本物の私が活動できていない状態」が解除されない場合も、拷問を行い続けること。

 ①何があっても、拷問を行うことを辞めず、常に、長く、拷問を行い続けることで、「「本物の私が活動できていない状態」が無くなる」と、いう結果が出る。

  行い続けること。何千年でも、何万年でも、それ以上でも、続けていくこと。

  ()。「本物の私が活動できていない状態」にすると、「必ず」拷問されると、犯人たちが学んでいくから。

  ()。すぐに効果が出ないので、諦めて拷問を辞めると、「本物の私が活動できていない状態」が、拡大する。

  ()。拷問を、強固に辞めない態度で、こちらの、結果を手に入れる為の意志の強さが見せれる。

  ()。「拷問を些細なことだと認識する者」や、「行う自分がカッコイイと妄想して行う者」など、結果を導くための行為が行えない者には、行わせるな。

  ※1。なぜなら、「途中で拷問を辞めて逃げ出す」や、「拷問への反発行為」など、「正義の行為」や、「行為からの結果の成立」の邪魔になるから。

  ※2。「拷問を途中で辞めて、投げ出す(放棄する)者」、「拷問を辞めるように誘導する者」には、罰を与えろ。

   なぜなら、この拷問は、「「本物の私が活動できていない状態」が無くなる」まで、途中で辞めるべきものではないから。

 ②拷問の強度を上げること。

  ()。<「本物の私が活動できていない状態」にする【実行犯】>たちは、「正確な想像力の欠如」により、人の痛みや、現実や、結果の予測を認識しづらいから。

  ()。『5人組や、5人組の仲間達』の「嫌がること」、「されたくないこと」の強度が上がるほど、「「本物の私が活動できていない状態」が無くなる」と、いう結果が出やすいから。

  ()。強度が強い方が、こちらが本気であると、行為に対する、真剣さの度合いを見せれる。

 ②拷問の対象者を、『5人組や、5人組の仲間達』や、関係者など、範囲を拡大して行うこと。

  ()。拷問を受けている者が、『5人組や、5人組の仲間達』にとって、不要な者である場合がある。

    『5人組や、5人組の仲間達』にとって、重要や、必要な人物などに、拷問を行うこと。

  ()。拷問を受ける人数が増えると、『5人組や、5人組の仲間達』に関する情報も集まる。

    拷問で、真実を聞き出すことが可能だから。真実を聞き出すことも、行うこと。

  ()。次々と、拷問を受ける人数を増やすことで、他の拷問対象者が、そのうち自分の番になると考え、拷問を受ける人数が増えるごとに、焦りを感じ、<「本物の私が活動できていない状態」にする>ことを、辞めさせようとするから。

  ()。拷問を辞めさせるには、「本物の私が活動できていない状態」を止めなくてはいけないので、<「本物の私が活動できていない状態」にする>ことを辞めさせようと、活動する人が増えるから。

  ()拷問を受ける人数が増えるごとに、<「本物の私が活動できていない状態」にする【実行犯】>たちは、人から反発を受けることになる。

<>。放送(動画配信)などで、多くの人が情報を知ることが出来る状態にしてほしい。

 ①拷問を行っても、見る人が少ないのなら、効果は激減である。

  見ている人、知っている人が多い状態を保つこと。広く世界に公表を行うこと。

 ②拷問を、<「本物の私が活動できていない状態」にする【実行犯】>たちが、知る(見る)状態にする。

  ()。駅など、人の集まるところで、放送したり、ポスターを貼るのもよい。

  ※1。放送は見たくない人が多いので、本物の私が活動できている状態になったら、「すぐ」に放送を停止すること。

    長期間、本物の私が活動できている状態ならば、ポスターも剥がしてよい。

    「本物の私が活動できていない状態」になったら、「すぐ」に放送の再開を行うこと。

  ※2。「本物の私が活動できていない状態」を不満に思う、社会の反応を、<「本物の私が活動できていない状態」にする【実行犯】>たちが、知る(見る)状態にする。

  ※3。<「本物の私が活動できていない状態」にする【実行犯】>たちは、放送を見ようとしないので、強制的に知る(見る)状態にする。

 ③「本物の私が活動できていない状態」にする操作を行っている者の、場所は、世界に点在する。

 ③世界の認識を、「本物の私が活動できていない状態」にする操作(悪事)を行っているから、辞めさせる為に、拷問が行われていると、いうものにする。

 ③世界の認識を、「本物の私が活動できていない状態」にする操作(悪事)を、辞めさせる為には、拷問以外には方法は無いと、いうものにする。

 ①『5人組や、5人組の仲間達』は、悪であると提示すると、行いやすい。

 ②『5人組や、5人組の仲間達』は、悪であると、知っている仲間が、世界に多いと、行いやすい。

 ②「本物の私が活動できていない状態」を治す必要がある、行っているのは『5人組や、5人組の仲間達』であると、提示すると、行いやすい。

 ②行わなくては、「正当で正しい世界」が形成できないと、提示すると、行いやすい。

 ①本物の私が活動できる状態でないと、「正当で正しい世界」が形成できないと、提示すると、行いやすい。

 ⑦いつ行われているのか、分かるものを、一緒に(同じ画面に映りこむように)撮影してほしい。

  ()。今、行われていて、録画ではないと分かるように、拷問の撮影(放送される)画面に、「今、放送されているテレビの画面」などが、映り込むようにしてほしい。




【★5。拷問の対象者】

<>。すでに、『5人組や、5人組の仲間達』だと、特定されている者がいる。「誰が『5人組や、5人組の仲間達』であるのか」と、いう情報が存在する。

 ()。情報は世界中に存在する。

 ()。情報を求め、情報の提供や、受け取りが行いやすくすること。

 ()。情報の真偽を確かめ、拷問を実行する必要がある。

 ()。敵の嘘の情報に、騙されないように、情報を審議すること。

<>。過去に、『5人組や、5人組の仲間達』として、「正当で正しい世界」の形成を邪魔した者も含まれる。

<>。『5人組や、5人組の仲間達』だと分かっている者の中でも、主犯、指示者、権力者など、『5人組や、5人組の仲間達』の中の、主要人物、中心的存在を、優先的に行う方が良い。

<>。犯人はもう、『5人組や、5人組の仲間達』だと特定されている。

 1万年以上、戦ってきた結果、犯人は、『5人組や、5人組の仲間達』だと、特定されている。

 あとは、『5人組や、5人組の仲間達』に対する対処法を行えばよいだけである。




【★6。拷問による、<「本物の私が活動できていない状態」にする>ことに対する、抑止力を高める為には】

<>。『5人組や、5人組の仲間達』への拷問を、「長く(長時間)」続けていくことが、抑止力を高める。

 ①『5人組や、5人組の仲間達』への拷問は、正しい理論で、正しい「結果」へ、正しく繋がっている、行為(原因)である。

 ①「正当で正しい世界」の為に、諦めてはいけない。

 ③途中で諦めると、せっかく結果へと進んできた道を、かなり戻ったところから、やり直しとなる。

  (1)。同じ場所へ、また、たどり着けるとは限らない。

  (1)。いつまでも、結果(「正当で正しい世界」)が手に入る状態が、そのまま、変わらず、あり続けるわけではない。

 ③何千年でも、何万年でも、「正当で正しい世界」を手に入れるまで続けていく。

  (1)。「正当で正しい世界」を手に入れるのに、無駄に長く時間がかかっているのは、「邪魔」や、邪魔による「無駄」があるからである。

  (1)。「『5人組や、5人組の仲間達』を拷問する」と、いう行いが間違っているわけではない。

  (1)。「邪魔」と「無駄」を、改善すること。

  (1)。「邪魔」と「無駄」は、『5人組や、5人組の仲間達』により、生み出されている。

<>。『5人組や、5人組の仲間達』への拷問が、行われるごとに、抑止力が高まっていく。

 ①「行われた」という結果が、増えれば増えるほど、抑止力は高まっていく。

<>。『5人組や、5人組の仲間達』への拷問を、「徹底」して、「必ず」行うことで、抑止力が高まる。

 ①「本物の私が活動できていない状態」にすると、「『5人組や、5人組の仲間達』への拷問が、「必ず」行われる」と、いうことで、抑止力が高まる。

<>。「本物の私が活動できていない状態」になったら、「すぐ」に『5人組や、5人組の仲間達』を拷問しろ。

 ①「すぐ」が、抑止力を上げるのに、効果的である。

 ②「本物の私が活動できていない状態」の発生から、報復である拷問を、行うまでの時間が空けば空くほど、抑止力が失われる。

<>。拷問は、『5人組や、5人組の仲間達』の、広範囲の関係者に、なるべく大人数に対して行うこと。

 ①『5人組や、5人組の仲間達』は、人から、有能(いい人)であると、思ってもらいたがる。

  『5人組や、5人組の仲間達』の操作(行い)によって、人が犠牲(苦痛の状態)になることを、『5人組や、5人組の仲間達』は、気にしてはいない。

  だが、「『5人組や、5人組の仲間達』の操作(行い)によって、人が犠牲(苦痛の状態)になっている」と、「人に思われる」ことを、『5人組や、5人組の仲間達』は、嫌がる。

 ②『5人組や、5人組の仲間達』の操作(行い)によって、人が犠牲(苦痛の状態)になっていると、「人に思われる」と、人から反発を受けるので、先祖代々の悪人の、生存の為に備わった反応により、『5人組や、5人組の仲間達』は、「『5人組や、5人組の仲間達』の操作(行い)によって、人が犠牲(苦痛の状態)になっている」と、「人に思われる」ことを、嫌がる(怖がる)。

 ③なるべく「大人数」に行うことで、『5人組や、5人組の仲間達』への反発も強まり(大人数からの反発)、『5人組や、5人組の仲間達』は、嫌がる(怖がる)。

<>。『5人組や、5人組の仲間達』の悪事の抑止に、一番、効果的なのが、拷問である。

<>。拷問は、与える苦痛が多くなるほど、効果的である。

<>。多くの人が、正しい情報を知る状態にする。

 ①。多くの人が知り、各自が、正しい情報に対して、正しい反応(行動。表現)をすることで、抑止力となる。

 ②。知る人が多いほど、抑止力は高まる。

 ①。多くの人が、「現在、拷問が行われている」と、知ることが出来る状態にすること。

 ①。多くの人が、<「本物の私が活動できていない状態」にする>ことを行っているのは、『5人組や、5人組の仲間達』であると、知ることで、抑止力となる。

 ②。多くの人に、拷問を行っている目的(理由)を知らせること。

 ③。多くの人が、「『5人組や、5人組の仲間達』に対して、悪事を辞めて欲しいと思っている」と、表現して見せ、認識が高まるほど、抑止力となる。

 ④。多くの人が、悪事に対して、「絶対に」許すこと無く、戦う姿勢であると、表現して見せ、認識が高まるほど、抑止力となる。




【★7。拷問の邪魔の発生1】

<1>。「真実を知らない人」や、「記憶を持たない人(過去に行われたことを知らない人)」などによる邪魔。

 ①。『5人組や、5人組の仲間達』への拷問を行う、実行者や、指示者(私&善人)などへの、反発が発生する場合があるが、反発は、「真実を知らない人」や、「記憶を持たない人(過去に行われたことを知らない人)」などから発生するものである。

 ②。多くの人に真実を知らせることが重要である。真実の情報(過去の情報)を公開すること。情報は、嘘や誘導などが無い、正しい本当の情報にすること。情報は、局部では無く、全部(全体)に近づいているほどによい。

 ③。真実を知って(認識して)いても、知らない(認識できない)状態であると演技をして、『5人組や、5人組の仲間達』(悪人)の仲間として、行動する者もいる。

  (1)。「★7の<1>の③」の者たちは、正しい行動を嫌がり、しない。「隠れる」、「逃げる」など、現実逃避をする。

  (2)。「★7の<1>の③」の者たちは、反発者(敵)として、行動(活動)する場合がある。

  (3)。「★7の<1>の③」の者たちは、敵(悪人)である。

<>。正しいことが認識できない人。
 
 ①正しい理論で説明を行っても、理解の出来ない人が存在する。

 ①正しいことが認識できる機能を持たない人に、正しいことを認識させることは不可能である。

 ②正しいことが認識できる機能を持たない人には、駆除を行うなど、存在が邪魔にならないように、処置を行うこと。

<正しいことが認識できる人への、説明のやり方>

 ①正しいことが認識できる人へは、説明を行え。

 ②説明は個別にするな、同じ説明を何度も行うのは無駄な労力であり、敵がよく行う邪魔(悪事)であり、敵の喜ぶ嫌がらせである。

 ③1度行われた説明(情報)は全て記録にとり、広くに伝え、情報を共有することで、説明の労力が省ける。

 ④説明(情報)は書いて読ませ(録音の朗読などを聞かせ)て、広くに伝えると、説明の労力が省ける。

 ⑤持っている知識は、世界中に伝え、情報を共有すること。

<>。反発は、真実を「認識できない」や、真実を「知らない」や、「善悪が判断できない」と、いう状態だから発生する。

<>。自分と、まったく関係のない人に行われている拷問を、自分や、仲間が受けていると錯覚し、現実の真実だと認識してしまう人。

 ①他人に対してでも、拷問が行われることを、不快だと思うのは、現状の、まともな人の感覚であり、普通である。

 ①他人に対してでも、拷問が行われることを、不快だと思うのは、「優しさ」や、「救う」など、「善」に関係する心なので、必要な感覚である。

  拷問に対して、不快感を感じるのは、「正当で正しい世界」では、正しく機能する反応である。

 ②他人に対してでも、拷問が行われることを、不快だと思うのは、必要な感覚ではあるが、「正当で正しい世界」の形成の為には、もう1段階上の、正しい認識を持つ必要がある。

 ⑧もう1段階上の、正しい認識は、「「正当で正しい世界」を形成する為に、どうしても、絶対に、必要だから、拷問を行っている」と、いう認識である。

 ①もう1段階上の、正しい認識は、「拷問を不快な行為だと思うのは、仲間が傷付くのが嫌だからの反応であり、悪人は仲間ではない」と、いう認識である。

 ②「仲間が傷付くのが嫌だからの反応である、拷問を不快な行為だと思う感覚」のみの判断で、拷問を行わず、悪人を許すと、逆に、仲間が傷付くこと(未来、結果)になる。
 
 ③生理的な反応(不快感など)の意味を、正しく認識しないと、間違って判断し、行動し、間違った結果を作り出す。

 ④仲間(善人)を助ける為の「正義の拷問」を「心(生理的な反応)」だけで、悪いことだと、判断するのは、間違った反応である。

 ⑤正しい判断とは、「心」と「考え」の、2つを使って出来るものである。「心」だけ、「考え」だけの、片方を使うだけでは、正しい判断が出来ない。

 ⑥他人に対してでも、拷問が行われることを、不快だと感じる人が多いからこそ、抑止力が発生するが、あまり不快感による辛さがないように、配慮してほしい。

  ※1。配慮より、抑止力の方が優先されるが、可能であれば配慮してほしい。

<>。自分を賢いと妄想し、正義の為の、「知識(記憶、情報、真実、真理など)」や、「能力(善悪の判断、現状把握、正義など)」などが劣るのに、正義の仲間に入り、自分が「主導権を握ろう」や、「取り仕切ろう」や、「判断を与えてあげよう」などと考えて、正義の仲間に入ろうとして、邪魔となる者。

 ①大きな注目が集まる出来事なので、「正義の行為のリーダーの行いを、単なる威張って快楽を得る為の権力」、「理解は出来ず、何かカッコイイことをしている」などと、考える、正しい現実世界の認識が出来ない者など、邪魔になる者が多く寄ってくる。

 ②人の有能な行為を見ていると、まるで、自分がその行為を行っているかのように妄想(錯覚)し、自分が有能であると、間違って認識する者がいる。

 ①寄ってくる者を、正しく判別、判断する必要がある。

 ②寄ってくる者は、敵である可能性がある。

 ④後の未来で、『5人組や、5人組の仲間達』として、登場することが多い。記録を残しておくこと。

<>。『5人組や、5人組の仲間達』として、一緒に行動してはいないが、自発的な行動の結果として、『5人組や、5人組の仲間達』の補助となる役割(行動)をする者。

 ①私の行いの、意味や、最終的な結果が分からず、部分だけを切り取った知識(「理由」や、「現状(結果)に対する、過去(原因)」などを知らない状態)で判断し、行動する者。

 ②良い結果(人助けなど)になると判断し、行動しても、現実には、悪い結果を作ることになる者。その悪い結果とは、現状が、「さらに悪化した状態」である。

 ③「現実認識や、現状認識や、判断能力が、無い者」や、「正しい(善)の心を持たない者」や、「正しい(真実の)知識を持たない者」である。

 ④過去に、私の邪魔者として行動した者に多い。




【★拷問の邪魔の発生2 (『5人組や、5人組の仲間達』によるもの)】


<>。<拷問を行っても、「本物の私が活動できていない状態」が止まらない>と、いう結果を、『5人組や、5人組の仲間達』は欲しがる。

 ①。「本物の私が活動できていない状態」と、『5人組や、5人組の仲間達』の繋がりが無いように、見せ掛ける為に欲しがる。

 ②。「繋がりが無いのに、無実の罪で拷問されている」と、『5人組や、5人組の仲間達』は被害者であると、見せかける為に欲しがる。

 ③。何があっても、拷問を行うことを辞めてはいけない。「本物の私が活動できていない状態」にしているのは、『5人組や、5人組の仲間達』であるから。

<>。「『5人組や、5人組の仲間達』は、私が悪」であり、「『5人組や、5人組の仲間達』が被害者である」と、見せかける。

 ①。手段の1つとして、私が行った正義を、『5人組や、5人組の仲間達』が行ったものだと、捏造する。

 ②。手段の1つとして、『5人組や、5人組の仲間達』が行った悪事を、私が行ったものだと、捏造する。

 ③。手段の1つとして、『5人組や、5人組の仲間達』が「行ったこと」を、「行っていない」などと、単純な嘘を言う。

 ④。手段の1つとして、私を、無能や、悪人であると見せ掛ける。

 ⑤。手段の1つとして、『5人組や、5人組の仲間達』を、有能や、善人であると見せ掛ける。

 ⑥。手段の1つとして、『5人組や、5人組の仲間達』の欲しい結果の為に、捏造した情報を与え、間違った認識(解釈、判断)を持たせ、間違った行動の誘導をする。

 ⑦。手段の1つとして、『5人組や、5人組の仲間達』は、「悲しんでいる」被害者であると「演技」をし、可哀想であると、同情や、保護を欲しがる。

  (1)。「反省している」、「もうしない」、「知らなかった」、「分からない」、「自分は無関係」、「自分たちは正義(良い人)」などの、演技の種類がある。

  (2)。演技とは嘘のことである。演技により、嘘の情報を与え、相手を騙す。

  (3)。実際に、反省しているかのような身体的な反応を見せる場合があるが、悪人の反省とは一過性であり、持続しない「心と考え」である。

 ⑧。私の仲間を減らし、『5人組や、5人組の仲間達』の仲間を増やしたい目的もある。

<>。拷問を自ら受け入れるように見せ掛けて、自分たちを、正義(潔い(いさぎよい)、良い人、反省しているなど)と見せ掛けたり、私を悪人と見せ掛ける。

<>。『5人組や、5人組の仲間達』を倒す、私たちの仲間であると見せ掛けて、敵(『5人組や、5人組の仲間達』)が侵入してくる。

 ①。敵となるのは、捏造した情報を与えられ、間違った認識(解釈、判断)を持たせられ、間違った行動の誘導をされている人の場合がある。

  (1)。正しい情報(真実)を与えられた場合、私の仲間としての行動をする人である場合がある。

    つまり、悪人というよりは、捏造した情報を与えられたこと(『5人組や、5人組の仲間達』による悪事)が本当の原因(悪事)である、悪事である。

    ※1。『5人組や、5人組の仲間達』の捏造に気付いているが、気付かない演技で、『5人組や、5人組の仲間達』として行動する人もいる。これは両方に原因のある悪事である。

  (2)。過去に、私の仲間だった人が、『5人組や、5人組の仲間達』の敵として邪魔になるので、『5人組や、5人組の仲間達』により、捏造した情報を与えられ、間違った認識(解釈、判断)を持たせられ、間違った行動の誘導(敵としての行動)をさせられている場合がある。

    つまり、本来は、勇気と正義を持った、私の仲間である場合がある。

 ②。『5人組や、5人組の仲間達』には、「自分は私の仲間である」と、いう映像を偽造すれば、私の仲間になれるという発想を持つ者が多い。

  (1)。『5人組や、5人組の仲間達』には、過去に、「自分は私の仲間である」という映像を偽造し、今、私の仲間の偽物として侵入してくる者がいる。

   ※1。過去の、私の仲間として行動している映像があるからといって、私の仲間であるという証明にはならない。

   ※2。常に、いつの時代でも、今(毎朝など)の、本物の私の、本物の仲間であるかの確認(判別)によって、私の仲間として、行動できる。

   ※3。偽者が私を操作している場合に、偽者の私の、本物の仲間であるかの確認(判別)によって、私の仲間と認定された者は、私の仲間ではない可能性がある。

  (2)。『5人組や、5人組の仲間達』は、今、未来用に、「自分は私の仲間である」という映像を捏造しようとすることがある。

  (3)。本物の私は、必ず仲間の中に偽者が混ざっていないかを確認をする。

   ※1。仲間の中に混ざっている偽者は、確認の時に、本物の私の確認から隠れる行動をする。

   ※2。仲間の中に混ざっている偽者は、確認の時に、私の中の偽者と協力し、偽物の私が、偽物の仲間を確認し、仲間であると判定することがある。

   (注意1)仲間の確認時に、私が偽者になることが多い。

   (注意2)偽者が私を操作している場合、仲間の中に、仲間の偽者がいる場合が多い。(私に選ばれた仲間であると捏造の為に)

   (注意3)仲間の中に偽者はいないが、仲間の中に偽者がいる可能性により、活動が阻害されるので、それが目的の場合もある。

 ③。本物の私の仲間だと判別された後に、偽者による仲間の操作が始まり、仲間の中身が偽者に変更される場合がある。

  (1)。各自、毎日、日記をつけて、1日のうちに、記憶の無かった時があるか確認をすること。

  (2)。各自、他の仲間の、本物の話し方や、表情などの特徴に変化が無いか、偽者ではないか、注意しながら行動すること。

<>。悪である『5人組や、5人組の仲間達』(自分たち)を、正義に見せ掛けて、善である相手を批判することにより、「知らない」状態の人などの、判断を、間違った方(悪)へ誘導する。

 ①。私を批判すれば、『5人組や、5人組の仲間達』に同意する、悪の仲間は増え、『5人組や、5人組の仲間達』を、良い人だと考える人が増えると、『5人組や、5人組の仲間達』は考え、『5人組や、5人組の仲間達』は、私を批判する。

 ①。私を批判する為に、嘘(捏造)も使われる。

 ③。私を批判する為に、『5人組や、5人組の仲間達』は、私を悪人に見せ掛けるような行為を、私に行わせ、「知らない」状態の人などの、判断を、間違った方(悪)へ誘導する。

 ④。私を批判する為に、『5人組や、5人組の仲間達』が良い人とだと見せ掛ける為に、私に行為を行わせ、「知らない」状態の人などの、判断を、間違った方(悪)へ誘導する。

 ⑤。私を批判する為に、情報の局部を見せ、「知らない」状態の人などに、情報が全体を表していると判断するように、間違った方(悪)へ誘導する。

 ②。過去に、間違った方(悪)へ誘導された、被害者は大量にいる。

 ①。情報の真偽を見極めること。

<>。偽者を名乗る。

 ①本物を操作する以外にも、色々な偽者として、『5人組や、5人組の仲間達』は行動する。

 ①「私の仲間」だと、偽者の仲間として侵入してくる。

 ②。「店の店員」、「電話先の相手」、「通行人」など、色々な偽者として行動し、私達の行動の邪魔をしてくる。
 
<>。本物ではない、偽者の、権力者(有名な国家組織)などが登場する。本物の権力者などであるか、身元を確認すること。

 ①大きな(重大な結果となる)嘘ほど、普通の人は言わない(常識的に)ので、完全に本物だと、信じて行動しないように。

   ※1。『5人組や、5人組の仲間達』は、普通の人の判断能力や、感覚を持たない。

   ※1。従わざるを得ない権力者である場合がある。

    全員が従うな、全員が同じ行動はとるな、分散しろ。

    正義の協力者を、前もって作っておくとよい。

  ※3。私の善行(行動)は、権力者を超越している。認知度による。

 ②。本物の権力者などの中にも敵は存在する。

 ③。重大な結果となるほど、権力として行うことで、権力を使うことが出来ると『5人組や、5人組の仲間達』は、快楽を得る。

 ()。「行うことが出来る」という状況を、実際に体験することで、『5人組や、5人組の仲間達』は快楽を得る。

 ()。実際には、行わなくても、「行うことが出来る」という状況を体験することが、『5人組や、5人組の仲間達』にとって、「自分は強い(有能)」、「相手は低能」、「自分は相手に勝つことが出来る」などの、妄想が発生し、快楽を得る。

 <例えば>

 1。『5人組や、5人組の仲間達』は、私を攻撃可能な範囲に、自分たち(誘導された代理人なども含む)が、近づくことが出来ると、「自分は相手に勝つことが出来る」と考え、快楽を得る。

 2。『5人組や、5人組の仲間達』は、「自分の嘘に騙される人が存在する」と、「自分の嘘で相手を操ることが出来る」と、「自分は相手に勝つことが出来る」と考え、快楽を得る。

 3。『5人組や、5人組の仲間達』は、偽者として、本物を操作し、重大な(影響力の大きい、大きな権力による)ことを行うことにより、「自分は強い(有能)」、「相手は低能」、「自分は相手に勝つことが出来る」などの、妄想が発生し、快楽を得る。

 4。『5人組や、5人組の仲間達』は、「分からない」や、「知らない」などの状態の人を騙して、自分の思いどおりに誘導できる(行動させる)ことで、快楽を得る。

<>。仲間などに混ざり(偽者)、近場に位置して、無用な発言で、思考を邪魔(誘導)する。

 ①正常な思考の邪魔になる発言を、故意にする。

 ②発言により、思考を、間違った、否定的(消極的)な方に誘導する。

 ②発言は、「構ってもらいたい」、「自分は有能であると思ってもらいたい」と、いう表現による発言もある。

 ③発言内容は、低能なものが多い。

 ④無視を続けると、発言や、行為が増加するので、発言者(偽者)を排除すること。

 ⑤「自分は有能である」、「相手は無能である」とする内容の発言により、「自分の方が有能である」と思ってもらえるという、価値観(世界観)により、発言をする。

 ※発言内容は嘘の場合もある。

 <例えば>

 1。本当は知らなかったのに、「知っていた」など。

<>。『5人組や、5人組の仲間達』は、自分が、拷問の対象者として知られたくない。

 ①『5人組や、5人組の仲間達』は、自分が、(過去の行いも含めて)

<>。善悪を判断できる機能が無く、間違った(狂った)正義感により、行動し、他人にも強要をする。

  <例えば>

 ①銀行強盗をし、人を殺して奪った金で、親孝行をしたり、借金返済をして、人として立派にいとする、善悪の釣り合いの悪いや、善悪の局部的な判断材料に使っていない、善悪の判断。

 ②受験勉強に苦しむ女学生を、苦しみから救うために、「俺が女学生を監禁し、世話をしてあげるのが、女学生にとって、幸せなことで、一番よいことである」と、考えて、女学生に許可など取らず、拉致を行い、相手に自分の考えを強要する、善悪の判断。

 ※なぜ、許可なく拉致するのかというと、女学生は、一番よいことを自分では判断できないので、「俺が一番よいことを判断して、与えてあげよう」と、考えているから。

 ③悪人への罰の執行を「可哀想」とし、罰の執行者の善人を攻撃する善悪の判断。

 ④悪人の仲間を1人救う(罰の執行から逃がす)ために、他の人(無関係な人など)が、(大量に)犠牲になっても構わないと考える善悪の判断。

 ⑤判断に使える項目数が局部的な判断材料しか、使えない行動判断することしか出来ないので、少ない良いことの為に、多くの悪いことが発生する、善悪の判断。

 ⑥「自分には判断が出来ない」という自覚が無く、「自分には判断が出来る」と考え、判断が出来た実績も無く、判断が出来なかった実績を自覚することもなく、善悪の判断を行い、行動する。

<>。私の行いなどに対して、「これではダメだ」などの発言をし、評価者のふり。

 ①。私の行いなどに対して、『5人組や、5人組の仲間達』は、「これではダメだ」の意味の発言をし、「評価(判断)が出来る者である」と、見せ掛けてくるが、「何がダメであり、どうダメであるのか」などを質問すると、破綻した理論が返ってくる。

 ②。「ダメだ」などの発言により、自分たちは有能者であると、自分で考え、人にも思ってもらえているという、妄想を楽しむ。

 ①。「ダメだ」などの発言で、やり直しなどが発生し、私の善行を止め、善行をゼロにする。

 ②。発言などの表現により、まるで、答え(やり方、解決法)を分かっている、有能者であるかのように、見せ掛ける。

 ③。発言などの表現により、自分には、「評価できる能力がある」、「評価して判断しても良い権利がある」かのように、見せ掛ける。

 ④。『5人組や、5人組の仲間達』が、ダメだと判断し、別の方法をの助言をするが、助言の内容は、稚拙なものや、過去に私が行ったことのただのモノマネであり、「自分が有能である」と思ってもらえると考えて行動する、低能者の邪魔である。

 ⑤。「ダメだ」という発言で、やり直しなど、私の善行を止め、善行をゼロにするのに、助力者たちが活動を始める。

  また、信ぴょう性の無いことに気付いている者と、気付いていない者がいる。

<>。状況の変化に応じて、「元から考えていなかった」のに、「元から考えていた」ように見せ掛ければ、「自分を有能だと思って貰える」や、「自分の意見に同意(仲間)が得られる」などと考え、風見鶏のように意見を変える。

 ①本当は知らなかったのに、「知っていた」など。

 ②本当は考えてもいなかったのに「自分は元からダメだと分かっていた」、「自分の意見を聞かないから悪い」など。

 ③本当は考えてもいなかったのに、相手の発言の後に、「自分も同じことを考えていた」と、相手の発言に便乗し、相手の能力と、同等の能力を自分が持っているように見せ掛ける。また、相手に、自分が同党の能力を持っていると、考えてもらえるという世界観を持っている。

<>。『5人組や、5人組の仲間達』は、他人が不幸であっても、まったく気にせず、自分さえ良ければ良いという感覚を持つ。

 ①。繰り返しの世界で、無実の罪の人や、無駄に不幸で苦しんでいる人が多くいるが、『5人組や、5人組の仲間達』は、自分たちが幸福である、この繰り返しの世界を続ける為に、自分以外の人の不幸は気にしていない。

 ②。<『5人組や、5人組の仲間達』が、楽しい経験が出来る繰り返しの世界>を続ける為に、『5人組や、5人組の仲間達』は、私の邪魔をし、「正当で正しい世界」の形成を邪魔をする。

 ※1。『5人組や、5人組の仲間達』に、「楽しい」を与えることに助力した者には、罪があり、罰がある。

   『5人組や、5人組の仲間達』の、<『5人組や、5人組の仲間達』が、楽しい経験が出来る繰り返しの世界>を、作りたいという考えを増大し、作るための行動(悪事)を増大させたから。

<>。人の行いの、意味や、状況に対する判断などを理解せず、他の事象と繋がっていない「単なる単独に存在する行為」として、の認識しか持てず、「単なる行為」として、モノマネを行うことで、認めてもらえるという、世界観を持っている。

 ①モノマネ者は、状況判断による、臨機応変が出来ない。存在しないと考えている。

 ②「単なる単独に存在する行為」で、本人が行うことが出来ていると考えている。

  本人でなくても可能であると考えている。

 ③どれほど悪影響であるのか、リアリティを持たない。

 ④

<>。かっこつけ。の世界感。

  ②。「ダメだ」などの発言により、自分たちは有能者であると、自分で考え、人にも思ってもらえているという、妄想を楽しむ。

<>。自分を有能と考え、自分が判断できると考えている。

<>。少しでもずれると、ダメだと考えている

 ①モノマネできないから。

 ②妄想した事を、全て行わないといけないと思っている。

 ③強要が大元になっている発想であり、それのモノマネとして、発生し続けていることである。

 ④強要がしたいという、欲を持っている。

 ⑤




【★注意】

<>。『5人組や、5人組の仲間達』が、『5人組や、5人組の仲間達』に、拷問を行う行為は、「本物の私が活動できていない状態」への抑止力と、ならない。

 ①善人は、<「本物の私が活動できていない状態」にする>ことを、『5人組や、5人組の仲間達』に、辞めさせるために、『5人組や、5人組の仲間達』に、拷問を行う。

 ②善人は、「正当で正しい世界」の為に、行動する。その一環として、『5人組や、5人組の仲間達』へ拷問を行う。

 ③『5人組や、5人組の仲間達』(悪人)は、善人の仲間だと見せかける為に、モノマネ行為として、『5人組や、5人組の仲間達』(仲間)へ拷問を行う。

 ④『5人組や、5人組の仲間達』(悪人)は、モノマネ行為として、なぜ行うのか、行いの意味は理解は出来ないが、カッコイイ人たちが行っているから、同じことを行いたくて、『5人組や、5人組の仲間達』(仲間)へ拷問を行う。

 ⑤『5人組や、5人組の仲間達』(悪人)は、善人と、同じことを行えば、「善人(カッコイイ人)になれる」や、「善人の仲間になれる」や、「善人として扱われる」や、「善人と同じものが手に入る」などと間違った考えにより、善人と、同じことを行おうとする。

 ⑤善人と、悪人は、「心と考え」の判断による、「目的」が違う。

  善人と、悪人は、「心と考え」の判断による、「目的」の為の行動の、「理由」が違う。

  だから、善人と、悪人は、同じ行動をしても、「結果」が違う。

<>。『5人組や、5人組の仲間達』などに、「拷問を行っているように見せ掛ける」ことを、提言されることがある(偽りの仲間としての発言)が、見せ掛けではなく、本当に拷問を行うこと。

 ①拷問を、弱めたり、辞める方向に誘導する者は、敵の可能性がある。

 ②拷問を、弱めたり、辞める方向に誘導する者は、正義の心が少ない可能性がある。

 <拷問の神聖さ>

 ①拷問は、とても真面目な行為であり、真剣に行うべきことである。

 ②拷問を見せ掛けで行うことは、不真面目である。

 ③拷問を不真面目に行うことは、悪すぎる世界の現状への、唯一の粛清(救済)の手段である、神聖さを汚すものである。

  ※2。神聖である理由は、拷問という手段が無ければ、現状の世界の粛清(救済)は不可能であり、神から与えられた最終手段であるから。

 ④拷問は、「正当で正しい世界」を形成する為に、「拷問を行わないといけない悪人へのみ」、行うものである。

 ⑤拷問を行わないといけない悪人へ対して、行われる拷問は、正義の行いである。

 ⑥拷問を、真面目に、真剣に行う方が、犠牲は少なくなる。

 ⑦拷問という行為を、些細なことだと、捉えて、認識してはいけない。拷問は、重大なことである。

<>。世界に点在する拠点、全てが止まらないといけない。

  発見される拠点が増えるごとに、他の拠点も見つかっていく。

<>。状況を見極め、把握し、判断し、行うこと。

  その為には、必要な情報を集め、正しい(真実の)情報を利用すること。

<>。最善の行動には、「必要なときに、必要なこと」が必要である。




<<【支援募集】キャンプファイヤー(CAMPFIRE)で支援の募集を始めた(記事No.91)神共 歩(しんとも あゆむ)公式ブログ <shintomoayumu blog>【悪人とは】 群れの中に、悪人が、潜入、潜伏している。(記事No.89)>>

コメント

コメントする

カテゴリ

最新記事

検索フォーム

プロフィール

神共 歩(しんとも あゆむ)

Author:神共 歩(しんとも あゆむ)
ただ今、「小説家になろう(外部サイト)」で無料小説を書いています。
不快な世の中にウンザリしていて、善行をやらないとイライラが溜まるだけなので、やることにした。
世の中を良くする方法は知っているので、とりあえず小説で書くことから初めてみようかなっと思いまして・・・
今(2019/5)は結構ヒマなので、多少読者の質問に答えられそうです。返事が気に入らなくても文句を言わない約束で(反論&意見は受け付けます)★メール★からどうぞ。
 分かりにくい表現や、誤字などがあるかと思いますが、今(2019/5)はかなり忙しくて直せません。内容はとても重要なことだと考えているのですが、生活に関して忙しいのです。3年以内に誤字などが直せたら上出来だと思っています。申し訳ありませんが、しばらくお待ちください。

月別アーカイブ