<お知らせ>・【2019/7~】小説家になろうで【悪がいるからダメなんだ】の小説を書いている。ブログの更新は、しばらくゆっくりになる。
・キャンプファイヤーで資金を集めています→★【神共 歩】「小説家になろう」のサイトで、無料小説を書いて、出版社に応募したい★
毎日、幸せを体で感じ、幸せな目線で、美しく広がった世界を見れるように

神共 歩(しんとも あゆむ)公式ブログ <shintomoayumu blog> > ★《5人組や、5人組の仲間達》 > 『5人組や、5人組の仲間達』の悪事から、能力を持たない権力者(有能者として扱われる人)が発生する(記事No.919)

★《5人組や、5人組の仲間達》

『5人組や、5人組の仲間達』の悪事から、能力を持たない権力者(有能者として扱われる人)が発生する(記事No.919)

【★1。『5人組や、5人組の仲間達』の悪事から、能力を持たない権力者(有能者として扱われる人)が発生する】

<1>。本来の、権力者(有能者として扱われる人)は、自分の、正しいものを作り出す能力を表現することから、「自分は、必要とされる正しいものを作ることが出来る」と、いう実績を作り、他人に、自分の能力を認められて、望まれて、権力者(有能者として扱われる人)になる。

 ①。さらに、本来の、権力者(有能者として扱われる人)は、人生の正当な自然淘汰の結果を受け取り、有能な子孫を残し、その子孫も、「自分は、必要とされる正しいものを作ることが出来る」と、いう実績を作り、他人に、自分の能力を認められて、望まれて、権力者(有能者として扱われる人)になり、人生の正当な自然淘汰の結果を受け取る。

 ②。「★1の<1>の①」が続くことで、より有能な権力者(有能者として扱われる人)が、世界で作られていく。

 ③。続いて行くほどに、権力者(有能者として扱われる人)の能力が洗練され、有能な、正しい権力者(有能者として扱われる人)が、世界で作られていき、人は、幸せに導かれて行く(人の幸せが増大する)。

<2>。だが、『5人組や、5人組の仲間達』は、「実際には能力が無いのに、能力が有るという間違った認識」、「欲望」、「世界中で生きている、人の存在(重要性、人生、心、価値)を無視している間違った世界観」などで、権力者(有能者として扱われる人)になろうとする悪事を行う。

 ①。『5人組や、5人組の仲間達』は、正当な繋がり(流れなど)を持たない能力の無い悪人を、権力者(有能者として扱われる人)にしようとする悪事を行う。

  (1)。『5人組や、5人組の仲間達』の、異常な「認識をする為の能力(機能)」から、<『5人組や、5人組の仲間達』の感じ方として、権力者(有能者として扱われる人)のように見える人>が選ばれ、その偽物(偽者)が、現実の世界で、本物に見せ掛けて権力者(有能者として扱われる人)の地位になる(強要される)ことがある。

  (2)。映画などで、権力者(有能者として扱われる人)等のような役をしていた人が、『5人組や、5人組の仲間達』に、この偽物(偽者)の権力者(有能者として扱われる人)として選ばれることがある。

  (3)。「★1の<2>の①の(2)」の他に、「悪人」、「近場に存在していた人」、「スカウト」、「『5人組や、5人組の仲間達』の子孫」、「アレク(別の場所で、本当の権力者(有能者として扱われる人)をしている人(していた人)など」なども、『5人組や、5人組の仲間達』に、この偽物(偽者)の権力者(有能者として扱われる人)として選ばれることがある

 ②。この、正当な繋がり(流れなど)を持たない、能力の無い人が、権力者(有能者として扱われる人)になることは、『5人組や、5人組の仲間達』の、捏造の状況を作る悪事などから、突然発生する。

<3>。『5人組や、5人組の仲間達』の捏造の状況を作る悪事などから、自分に、与えられた(突然に発生した)、偽物(偽者)の権力を、そのまま維持したいと望み、維持する為に、悪事を行う悪人が存在する。

 ①。この悪人は、このまま『5人組や、5人組の仲間達』の捏造の状況を受け入れれば、突然に発生した、自分の権力や有能者として扱われる人生が、今後の未来の繰り返しの世界に、続いていくのではないかと、いう間違った認識を持つ。

 ②。この悪人は、このまま『5人組や、5人組の仲間達』の捏造の世界で生きたいと望む。

 ③。この悪人は、暴かれない限りは、このままの状態を続けようとする。

 ④。この悪人は、このことから『5人組や、5人組の仲間達』となる。

  (1)。この悪人は、このことから、その後の『5人組や、5人組の仲間達』の他の悪事にも、加担(参加)することになる(強要も含む)。

 ⑤。この悪人は、自分が不当に権力を持つこと(存在すること)が、悪であっても、他人に被害(不幸)があっても、構わないと、いう間違った認識をする悪人である。

 ⑥。この悪人は、不当に発生した、望まれない、偽物(偽者)の権力者(有能者として扱われる人)である。

 ⑦。この悪人は、能力が無いか、能力の有無が不確定である可能性が高い。

  (1)。つまり、嘘を(偽物(偽者)であると)、見抜きやすい場合がある。

  (2)。アレクや、エペイロス王などは、置かれている状態に対応する、能力を持っている場合がある。

   1。アレクや、エペイロス王などは、自分の国以外の場所や、王様以外の領主(騎士)などの地位でも、『5人組や、5人組の仲間達』に強要されることがある。

 ⑧。この不当な権力者(有能者として扱われる人)は、権力者(有能者として扱われる人)に必要な能力の有無などを、正当に、正常な判断(方法)などから選ばれていないのに、自分は能力があると、いう間違った認識をして生きることが多い。

<4>。そして、「★1の<3>」の、この悪人は、『5人組や、5人組の仲間達』の捏造の世界の異常性を知ると、現実逃避を行い、どういう状況であるか等の、真実(現実)を受け入れることを拒む。

 ①。『5人組や、5人組の仲間達』の捏造の世界は、正常な群れ(社会)の機能などが無い、破綻した世界である。

 ②。『5人組や、5人組の仲間達』の捏造の世界は、善悪の判断や、そこからの執行などが、異常な世界である。

 ③。『5人組や、5人組の仲間達』の捏造の世界は、命(心)の尊重が無い、異常な世界である。

 ④。『5人組や、5人組の仲間達』の捏造の世界は、嘘であり、無意味である、異常な世界である。

 ⑤。『5人組や、5人組の仲間達』の捏造の世界は、不安定であり、不確実が、普通に行われおり、自分の命なども「風前の灯火(今にも滅びそう)」である。

 ⑥。『5人組や、5人組の仲間達』は、不要になったら、壊すと、いう悪事を行う。

 ⑦。『5人組や、5人組の仲間達』は、自分が作って『あげた』を楽しみ、対象が幸せそうにしていたら、奪う(壊す)と、いう悪事を行う。

 ⑧。『5人組や、5人組の仲間達』は、対象が、本物の権力者(有能者として扱われる人)のように上手に出来たら、奪う(壊す)と、いう悪事を行う。

  (1)。『5人組や、5人組の仲間達』は、対象が、下手な(低能な)権力者(有能者として扱われる人)であり、その結果、民などが不幸だと、喜ぶ、異常な価値観である。

  (2)。『5人組や、5人組の仲間達』の、このぐらいならば良しとする等の、『5人組や、5人組の仲間達』の好みの、判断の基準(水準)がある。

<5>。『5人組や、5人組の仲間達』の捏造の状況を作る悪事などから、能力を持たない、偽物(偽者)の権力者(有能者として扱われる人)として生きている人には、『5人組や、5人組の仲間達』にを強要されて、被害者として生きている場合もある。

<6>。『5人組や、5人組の仲間達』が、本来の、能力を持つ権力者(有能者として扱われる人)に、成り代わって、生きている場合もある。

<7>。『5人組や、5人組の仲間達』は、能力の無い偽物(偽者)を、権力者の地位にするなどの悪事の為に、本来の、能力を持つ権力者(有能者として扱われる人)として生きている(いた)人を、削除すると、いう悪事を行う場合も多い。

 ①。『5人組や、5人組の仲間達』の、人物の差し替えの悪事である。

<8>。『5人組や、5人組の仲間達』の悪事から、能力を持たない偽物(偽者)の権力者(有能者として扱われる人)が発生するので、権力者の所持する(持つべき)能力の有無の判断(確認)は、「常に」行うべきである。

 ①。宇宙の真理として、正当で正常な判断などからの、人の選別(判断)からの自然淘汰なども、正常な世界を維持する為には、必要である。

  (1)。宇宙の真理として、能力の有無などの状態の、変化を確認して、人の地位などを変更することは、必要である。

 ②。『5人組や、5人組の仲間達』の悪事から、能力を持たない偽物(偽者)の権力者(有能者として扱われる人)が発生するので、通常よりも多く、権力者の所持する(持つべき)能力の有無の判断(確認)を、行うこと。

 ③。自分の生活を守る為に、正当に暮らしている人を、攻撃することは、悪事であり、自然淘汰ではない。

  (1)。自分の生活を守る為に、正当に暮らしている、自分より有能者を、攻撃することは、悪事であり、自然淘汰ではない。

<9>。人の、長い年月(歴史、苦労)から作られた「★1の<1>」が、『5人組や、5人組の仲間達』の悪事で、壊された。

 ①。『5人組や、5人組の仲間達』の悪事は、『5人組や、5人組の仲間達』を削除するまで、終わることが無く、本当の能力を持つ権力者(有能者として扱われる人)を作っても、壊され、また作ろうとしても、壊されると、いうことが繰り返されている。

 ②。『5人組や、5人組の仲間達』を、削除するまで、正当で正しい、能力を持つ権力者(有能者として扱われる人)が作られる(成長する)ことは無い。

<10>。『5人組や、5人組の仲間達』は、悪事に、「行って『あげた』」と、いう間違った認識を持つ場合もある。

 ①。『5人組や、5人組の仲間達』は、利益が少ない(無い)、害のある結果を与えて、「行って『あげた』」と、いう間違った認識を持つ。

  (1)。『5人組や、5人組の仲間達』は、相手が嫌がっていることを、自分は「行って『あげよう』と思ったのに」などと、異常な主張を行う場合が多い。

  (2)。『5人組や、5人組の仲間達』は、相手が嫌がっていること行い、「自分は良いことを行っている」、「相手が悪い」、「相手は、自分に都合が良いように、自分の自由にしても構わないもの」、「相手の自由であるべきものが、存在しないという世界観」などと、いう異常な(間違っている)認識を持ち、相手が自分を受け入れないと、不機嫌になる。

   1。『5人組や、5人組の仲間達』は、「自分が嫌われている(嫌がられている)」と、いう現実(真実)を認識しない。

   2。『5人組や、5人組の仲間達』は、相手の反応は、正しいものであり、真実として、「自分は嫌われるもの(嫌がられるもの)である」と、いう現実(真実)を認識しない。

   3。『5人組や、5人組の仲間達』は、真実として、「自分は嫌われるもの(嫌がられるもの)」であるのに、自分が嫌われていることを、「相手が間違っている」と、いう間違った認識を持つ。

 ②。『5人組や、5人組の仲間達』は、悪事に、自分は、良い世界を作ろうとして行っていると、いう間違った認識を持つ場合がある。

  (1)。実際には、行うことが出来ない(行う為の能力が無い)『5人組や、5人組の仲間達』が、自分に行えると、いう間違った認識を持ち、他人を巻き込んで、悪事を行っている状態である。

  (2)。正当な権力者の作られ方は、「★1の<1>」で書いた通りであり、正当な権力者が作られることは、神の管轄でもある。

  (3)。世界に作られた設定から、正しい世界が作られていくことは、神の管轄であるが、『5人組や、5人組の仲間達』は、「自分が行っても構わない」、「自分には行える能力がある」などと、間違った認識を持つ。

   1。『5人組や、5人組の仲間達』は、勝手に、自分が作った設定を、世界に強要しようとする悪事を行う。

   2。『5人組や、5人組の仲間達』は、「捏造の状況を作る悪事」、「強要をする悪事」、「他人の自由であるべきことを奪う(壊す)悪事」、「成り代わる悪事」などで、自分が作りたい状況(設定)を、世界に強要する悪事を行う。

   3。神が世界に作った設定から作られて存在している、本来の権力者(有能者として扱われる人)こそが、正しい世界を作ることに重要(必要)であるが、『5人組や、5人組の仲間達』は、それを壊して、勝手に、自分が作った設定を強要しようとする、悪事を行う。

 ③。『5人組や、5人組の仲間達』は、自分のせいで、不幸になった人に、異常な認識を持つ。

  (1)。『5人組や、5人組の仲間達』は、人の不幸から感じる自分の不快感を、異常な手段で解決しようとする、異常な反応(行動)をする。

  (2)。『5人組や、5人組の仲間達』は、人の不幸から感じる自分の不快感を、不幸な人を殺すこと等で、解決しようとする悪事を行う。

<11>。『5人組や、5人組の仲間達』の、偽物(偽者)の権力者を作る悪事から、低能者である偽物(偽者)の権力者から、悪い結果が作られる。

 ①。この偽物(偽者)の権力者(有能者として扱われる人)は、正当な指示の出来る、能力を持たないこと等から、間違った指示を行う場合が多い。

 ②。この偽物(偽者)の権力者(有能者として扱われる人)は、正当な指示の出来る、能力を持つ先祖を持たないこと等から、不快な指示を行う場合が多い。

  (1)。この偽物(偽者)の権力者(有能者として扱われる人)は、「指示をすること自体が、単純に楽しい」場合が多い。

  (2)。この偽物(偽者)の権力者(有能者として扱われる人)は、「他人が、自分の言う通りに行動すること自体が、単純に楽しい」場合が多い。。

<12>。正しい権力者(有能者として扱われる人)は、正義を持ち、正しい群れの形成を望み、正しい群れを作ろうとすること等から、因果によって、時間の流れによって、少しずつ生まれる(成長する)。

 ①。正しい権力者(有能者として扱われる人)は、神の望む、正当で、正常な、人が幸せに生きれる世界を作ろうとすること等から、因果によって、時間の流れによって、少しずつ生まれる(成長する)。

 ②。<「人から愛される」、「人から望まれる」、「人を救う」、「愛し合う人と子供を作る」ことなどから発生する、正当な権力者>

  と、

  <「競争相手の邪魔をする」、「他人の能力(能力)から作られたものを奪う」、「他人を騙す」、「他人を削除する(どかす)」、「罪(罰)から逃げる」、「問題は壊して(殺して)解決する」、「性欲のままに女に種を付ける」、「悪事は暴かれなければ構わないとする」ことなどから発生する、不当な権力者>

  は、違う。

  (1)。正当な権力者は、人から望まれ、人から愛される性質を持つ。

  (2)。正当な権力者は、人が幸せに生きる世界を作る。

 ③。人は、正当な権力者を作り出す為に、「正当な権力者」と、「不当な権力者」の、違いを分かる為の、能力を持つ。
 
<13>。『5人組や、5人組の仲間達』の、偽物(偽者)の権力者を作る悪事などから、偽物(偽者)の権力者(有能者として扱われる人)以外も、世界の全てが、被害を受ける(不幸になる)。




<<『5人組や、5人組の仲間達』にはない、正しく生きようとする人の、世界観(記事No.920)神共 歩(しんとも あゆむ)公式ブログ <shintomoayumu blog>『5人組や、5人組の仲間達』は、私の行動などを見て、自分も出来ると間違った認識を持つ(記事No.918)>>

コメント

コメントする

カテゴリ

最新記事

検索フォーム

↑このブログを検索が出来る。
記事No.や、使用している言葉などを枠に入力して[検索]をクリック。

プロフィール

神共 歩(しんとも あゆむ)

Author:神共 歩(しんとも あゆむ)
ただ今、「小説家になろう(外部サイト)」で無料小説を書いています。
 世の中を良くする方法を、とりあえず小説で書くことから初めてみようかなっと思いまして・・・
 分かりにくい表現や、誤字などがあるかと思いますが、今(2019/5)はかなり忙しくて直せません。内容はとても重要なことだと考えているのですが、生活に関して忙しいのです。3年以内に誤字などが直せたら上出来だと思っています。申し訳ありませんが、しばらくお待ちください。

月別アーカイブ