<お知らせ>・【2019/7~】小説家になろうで【悪がいるからダメなんだ】の小説を書いている。ブログの更新は、しばらくゆっくりになる。
・キャンプファイヤーで資金を集めています→★【神共 歩】「小説家になろう」のサイトで、無料小説を書いて、出版社に応募したい★
毎日、幸せを体で感じ、幸せな目線で、美しく広がった世界を見れるように

神共 歩(しんとも あゆむ)公式ブログ <shintomoayumu blog> > ★《5人組や、5人組の仲間達》 > 『5人組や、5人組の仲間達』は、ミーアキャットの砂漠に生きたまま埋まっている場合がある(記事No.922)

★《5人組や、5人組の仲間達》

『5人組や、5人組の仲間達』は、ミーアキャットの砂漠に生きたまま埋まっている場合がある(記事No.922)

【★1。『5人組や、5人組の仲間達』は、ミーアキャットの砂漠に、生きたまま埋まっている場合がある】

<1>。『5人組』は、千年間、ミーアキャットの砂漠に生きたまま埋まっていると、良い父親になるので、生きたまま埋められている場合がある。

<2>。『5人組』が良い父親になると、子供達の全員を、幸せにする。

 ①。『5人組』が良い父親になると、子供達の全員に、優しくなる。

<3>。ミーアキャットの砂漠は、数千年以上、『5人組や、5人組の仲間達』との戦いに使われ続け、<善人の仲間>の聖地となっている。

 ①。つまり、土地に、聖なる力が生まれた。

 ②。だから、他の土地では駄目で、この土地に、生きたまま埋めることに、意味がある。

<4>。千年間とは、一度も途切れることが無い連続した千年の時間であり、その期間は、生きたまま埋まり続けていないと、いけない。

<5>。『5人組』は、自分から、生きたまま埋まりたいと、主張する(望む)場合も多い。

<6>。『5人組や、5人組の仲間達』は、生きたまま箱の中に入れて、箱の全てが隠れるように深くに、生きたまま埋めること。

 ①。箱は、狭く、棺桶のような箱にすること。

<7>。『5人組や、5人組の仲間達』は、お互いに、声が聞こえない、遠く離れた場所に、生きたまま埋めること。

 ①。『5人組や、5人組の仲間達』は、地上に声が「少しだけしか」、聞こえない状態(深さ)で、生きたまま埋めること。

  (1)。『5人組や、5人組の仲間達』は、地上に声が聞こえても、内容が分からないぐらいの、小さな音しか聞こえない状態(深さ)で、生きたまま埋めること。

 ②。『5人組や、5人組の仲間達』の声が聞こえても、あまり聞かない方が良い。

 ③。お互いの声が聞こえない、遠く離れた場所に、『5人組』の「親」と「兄妹」と「妻」も、生きたまま埋めること。

   ※補足1。『5人組』の「親」と「兄妹」と「妻」とは、『5人組の仲間達』である。

  (1)。『5人組』の「親」と「兄妹」と「妻」は、『5人組』の人格や成長に、大きく関係していて、『5人組』を応援(助力)する、大きな(強力な)力なので、「必ず」、『5人組』の「親」と「兄妹」と「妻」も、生きたまま埋めること。

  (2)。『5人組』の「親」と「兄妹」と「妻」は、『5人組』の人格や成長に、大きく関係していて、『5人組』の行動からの、全ての結果を作り出した直接的で巨大な原因なので、『5人組』を、良い父親にする責任(義務、繋がり)がある。

  (3)。『5人組』の「親」と「兄妹」と「妻」を生きたまま埋める場合には、パンチパーマや水玉などの加工をしてから、生きたまま埋めること。

  (4)。『5人組』の「親」と「兄妹」と「妻」が、途中で死んだ場合には、最後に死んだ時点の記憶などを持っている状態で、蘇生して、また生きたまま埋めること。

<8>。『5人組や、5人組の仲間達』の、意志は確認せずに、勝手に、生きたまま埋めること。

 ①。『5人組や、5人組の仲間達』の、意志は受け入れずに、強要して、生きたまま埋めること。

<>。『5人組や、5人組の仲間達』は、拷問を受けた後に、生きたまま埋めても構わない。

<9>。『5人組や、5人組の仲間達』の、生きたまま埋められている状態は、毎日、意識のある、起きている時間が12時間以上ある状態にすること。

<9>。『5人組』の子供は、『5人組』が、良い父親になることを望むので、『5人組や、5人組の仲間達』は、よくありがちに生きたまま埋められる。

<10>。本物の私が、『5人組』を生きたまま埋めることに関わると、良い父親になる効果が高くなる。

<11>。おまじないのようなものであるが、これは『5人組』の人格などからの、理論的なもの(良い父親にする計画)である。

<12>。『5人組』の子供が、「良い父親になるように」と、祈るほどに、良い父親になる。

 ①。『5人組』の子供が、「良い父親とは、どのような父親か」を、具体的に考えるほどに、良い父親になる。

 ②。『5人組』の子供が、「悪い父親のことを、考えてしまう」と、良い父親にならない。

 ③。『5人組』の子供は、いつも失敗ばかりして、なかなか良い父親が作られない(なかなか良い父親にならない)。

 ④。『5人組や、5人組の仲間達』は、生きたまま埋まっている『5人組や、5人組の仲間達』の、『心と考え』を知っては、いけない。

  (1)。もしも知った場合、良い父親にならない。

 ⑤。『5人組』が、良い父親になっていないならば、また、生きたまま埋めること。

<13>。途中で、掘り出された場合は、また生きたまま埋め直し、その生きたまま埋め直した時から、また千年間待たなくては、いけない。

 ①。途中で、掘り出される度に、千年が足される(追加される)ので、あまり掘り出しては、いけない。

 ②。『5人組や、5人組の仲間達』が、千年間を待てないことが、『5人組』が、千年間、生きたまま埋まることが出来ないことの、失敗の大きな原因である。

  (1)。『5人組や、5人組の仲間達』は、『5人組』が、生きたまま埋まっている状態を、千年間、続けることを、途中で諦めよう(辞めよう、邪魔しよう、阻止しよう)と、してはいけない。

  (2)。『5人組や、5人組の仲間達』は、『5人組』が、生きたまま埋まっている状態を、千年間、続けることを、途中で諦めよう(辞めよう、邪魔しよう、阻止しよう)と、することは悪事である。

<14>。5人のうち、3人は、生きたまま埋めても、良い父親にならない。

 ①。だが、全員を埋めた方が効果が高いので、『5人組』の全員で、生きたまま埋めること。

  (1)。『5人組』は、とても強い繋がりを持っているから、『5人組』の全員の方が、効果が高い。

<15>。研究者が、たまに、生きたまま埋まっている『5人組や、5人組の仲間達』を見つけて、掘り出す。

 ①。この場合、また生きたまま埋め直し、その生きたまま埋め直した時から、また千年間、待たなくては、ならない。

 ②。研究者の、掘り出す作業などは、正当なものなので、邪魔(阻止)しては、いけない。

 ③。研究者は、持ち帰る場合もあるが、また、生きたまま埋めに来る場合もある。

 ④。過去に、研究者は、よい発見をすることがあった。

 ⑤。マケドニアは、過去にアレクが埋められていたことがあるので、研究者となることが正当である。

 ⑥。研究者とは、「研究者である」と、発言するだけで、研究者である。

 ※補足1。ただし、『5人組や、5人組の仲間達』は、生きたまま埋まっている『5人組や、5人組の仲間達』を、研究する研究者になっては、いけない(研究しては、いけない)。

<16>。『5人組や、5人組の仲間達』は、食べ物などが無くても、数百年以上を生き続ける場合もあるが、途中で電池(のようなもの)が切れて、千年間の命が持続しないことがある。

<17>。『5人組や、5人組の仲間達』は、途中で何度も掘り出されて、千年間、生きたまま埋まっていたことが無い。

 ①。『5人組や、5人組の仲間達』を、途中で掘り出すと、『5人組』が、良い父親になる効果が、まったく無い。

 ②。『5人組や、5人組の仲間達』は、途中で掘り出すと、『5人組』が、良い父親になる効果が、まったく無いまま、無意味に、生きたまま埋まっていたことになる。

 ③。つまり、『5人組』が良い父親になることを望む人が多いが、色々な失敗のせいで、一度も成功したことが無い。

  (1)。失敗しなければ、当然、成功して、良い父親になる。

 ④。『5人組』が、良い父親になっていないならば、真実としては(実際には)、千年間、生きたまま埋まっていない場合がある。

  (1)。千年間の、まだ途中だったのに、掘り返してしまったから、失敗した可能性が高い。

  (2)。『5人組や、5人組の仲間達』が、確認して見ると、年数が足りない場合が多い。

<18>。途中で、『5人組や、5人組の仲間達』を、「生きたまま埋めることを邪魔(阻止)しよう」、「掘り返そう」などと誘導する等で、良い父親を作ることを邪魔(阻止)する『5人組や、5人組の仲間達』が存在しても、良い父親は必要なので、良い父親を作ることを邪魔(阻止)する『5人組や、5人組の仲間達』の、言うことを聞かないこと(主張を受け入れないこと)。

 ①。良い父親を作ることを邪魔(阻止)する『5人組や、5人組の仲間達』の、「良い父親を作ることを邪魔(阻止)すること」を、邪魔(阻止)すること。

<19>。ミーアキャットの砂漠に、生きたまま埋まっているのは、『5人組』と、『5人組』の「親」と「兄妹」と「妻」だけである。

 ①。ミーアキャットの砂漠に、他の人(中身が人などである、生き物全般)を、生きているまま埋めてはいけない。

<20>。『5人組』は、「一時的な」気持ちの変化から、箱の中で自殺をすることがあるので、自殺などが出来ないように、完全に動けないように縛ってから、生きたまま埋めること。

<21>。『5人組』は、子供に掘り出されると、子供に千年間が経ったと騙されて、実際には千年間が経っていないので、また子供に生きたまま埋められる。

 ①。『5人組』は、掘り出されると、「良い父親になった(なる)」などと、嘘をつく場合が多い。

  (1)。『5人組』が、掘り出されてから、「良い父親になった(なる)」などと発言する場合は、まだまだ悪い父親であり、また生きたまま埋める必要がある。

 ②。『5人組』を、掘り出してから、すぐに、「良い父親になったか?」などと、質問してみると良い(分かりやすい)。

  (1)。『5人組』が、質問と関係ないことを答えるならば、千年の時間が経っていないこと等からの、失敗の状態である。

  (2)。『5人組』が、質問と関係ないことを答えるならば、すぐに、『5人組』を、また生きたまま埋めること。

 ③。『5人組』は、掘り出されると、とても良く喋り続けることがあるが、とても良く喋る場合は、千年の時間が経っていないこと等からの、失敗の状態である。

  (1)。『5人組』が、とても良く喋る場合は、すぐに、『5人組』を、また生きたまま埋めること。

  (2)。このように、『5人組』は、長く、生きたまま埋められても、<通常の正常な『心と考え』>を備えている人とは、違う反応をする。

<22>。『5人組』が、生きたまま埋まることは、私の好みである。

 ①。また、『5人組や、5人組の仲間達』の悪事のせいで、生きたまま埋まっている状態と、等しい状態を与えられた被害者の方が、被害も大きく、多い。

 ②。私は、『5人組』は、生きたまま埋まるべきであり、生きたまま埋まることが正しいことであると、考える。

  (1)。これは、過去から何度も、世界を改善することに使われ、大きく役に立っていることである。

  (2)。『5人組や、5人組の仲間達』が、何年、生きたまま埋まっていて、そこからどのような反応をするのかを知ると、『5人組や、5人組の仲間達』には反省(改善)の機能(能力)が無く、『心と考え』の状態(気持ちや、思いなど)が波型をしていて、「一時的」なものであると、いうことが分かる。

   1。この波型は、通常の人と比べて、「とても短い「一時的」なもの」、「同じ思考(思考の流れ)を、何度も繰り返す」、「落ち込みから復活する力が強い」、「落ち込まない」などの、特徴がある。

   2。『5人組』には、他にも、「楽しんでいる」、「現実を認識していない」などの、特徴もある。

 ③。時間の全てに、『5人組』が、常に、生きたまま埋まっている状態が保たれ、生きたまま埋まっていない状態の時が、無いようにしないと、いけない。

<23>。『5人組』の悪事や、世界の状態の真実などが、暴かれるほどに、『5人組』を、生きたまま埋めようとする善人が多い。

 ①。ちなみに、私は、生き埋めよりも、大きな罰(不幸、苦痛)を与えるべきであると、主張をしている状態である。

<24>。過去に、ミーアキャットにされた私が、「中身が誰であるか?」の確認の為に、掘り返したことがある。

 ①。過去に、ミーアキャットにされた私は、この記事の記憶が無い状態が多い。

<25>。ミーアキャットにされたアレクは、基本的に、『5人組や、5人組の仲間達』を、掘り出したり、埋めたりしない方が良い。

 ①。だが、ミーアキャットにされたアレクが、興味を持ち、掘り出してみようとすることは、正当なことであり、正しい行動である。

  (1)。<通常の正常な『心と考え』>ならば、興味を持ち、掘り出してみようとすることは、正当なことであり、正しい行動である。

  (2)。正当な正しい行動を、悪いことであると間違った認識を持ったり、批判したり、邪魔(阻止)することは悪事である。

 ②。私が確認したいと主張した場合、私の責任(私のせい、私が原因)として、掘り出したい。

  (1)。何故なら、私は、『5人組や、5人組の仲間達』が、悪事を行うので、本当に、生きたまま埋まっているのが『5人組や、5人組の仲間達』なのか、別人の被害者が生きたまま埋められていないかを、確認したいのである。

<26>。過去に、クロのようになるように『5人組や、5人組の仲間達』に作られた、《クロのようなアレク》が、他の、クロのような『5人組や、5人組の仲間達』と一緒に、この場所に来たことがある。

 ①。過去に、《クロのようなアレク》は、『5人組』が自分の父親であるなどと騙されて、「良い父親になること」、「幸せに導いてくれること」を願っていたこともある。

  (1)。《クロのようなアレク》は、父親が生きたまま埋まっている場所の近くで、自分も一緒に、寝ようとしていたこともある(数km以上は離れた場所の、砂の地面の上で)。

  1。《クロのようなアレク》が、この場所で寝ようとすることは、毒ヘビや、サソリなどがいる場所で、危険だから、辞めた方が良い。

  2。《クロのようなアレク》が、この場所で寝ようとすることを、誘導する悪事を行う《5人組や、5人組の仲間達》が、「主犯」である。

  ・この主犯は、《クロのようなアレク》に、「父親の側で、寝ようとしないんだ?」や、「この場所で寝るのかと思った(自分の期待を裏切られた)」などの、批判(主張、嫌がらせ)などを行う、《悪である(間違った)》性質を持つ。

 ②。だが、《クロのようなアレク》は、基本的に操作されている状態なので、ボンヤリしていることが多く、単純に、他のクロのような『5人組や、5人組の仲間達』に、一緒に連れて来られただけである。

  (1)。《クロのようなアレク》は、ボンヤリしている場合でも、少しだけ心がある場合も多い。

 ③。『5人組や、5人組の仲間達』は、ミーアキャットの砂漠に、よくありがちに来る。

<27>。過去に、自分は、千年間生きたまま埋まっていて、掘り出された状態であると見せ掛ける『5人組や、5人組の仲間達』に、私が会うことを強要されたことがある。

 ①。実際には、千年間生きたまま埋まっていなかったので、良い父親には、なっていなかった。

<28>。他の人で試そうとしては、いけない。

 ①。『5人組』にしか、効果が無いことである。

 ②。他の人で試そうとすることは、悪事である。

  (1)。悪事を行うのなら、良い父親を作ることは出来ない。

  (2)。良い父親を作る為には、善行を行ったことから生まれる力を与える必要があるが、悪事を行った場合には、悪事を行ったことから生まれた力で、悪い父親になる力を与えることになってしまう。

 ③。他の人で試そうとした悪人には、巨大な罰を与えること。

  (1)。他の人で試すこと等の、悪事が行われるのを知っていたのに、悪事を阻止しなかった悪人には、巨大な罰を与えること。

<29>。『5人組』は、自ら、生きたまま埋まろうとする。(自分を善人に(反省していると)見せ掛ける等の為にも)

  『5人組や、5人組の仲間達』は、掘り出されては、また生きたまま埋められる。

  と、いうことを何回も繰り返している。

 ①。そして、千年間、「生きたまま埋まり続けること」を、達成するまでは、続く。

 ②。『5人組』は、自分で、生きたまま埋められたいと望んで(主張して)、生きたまま埋められるのに、「生きたまま埋められたと、逆恨み」することがある。

<30>。『5人組』は、掘り出されると、暴れる場合があるので、掘り出した後には、「すぐに」、『5人組』を、「生きている限り2度と」、「自力では動けない状態」にすること。

  ※補足1。<「すぐに」、『5人組』を、「生きている限り2度と」、「自力では動けない状態」にすること>の、「すぐに」は、1分以内に始めて、10分以内には完了すること、である。さらに、その作業中などに、『5人組』と、『5人組や、5人組の仲間達』の、会話などの意志の疎通などがあっては、いけない。

  ※補足2。作業の完了後からは、『5人組や、5人組の仲間達』の世話などは、クロのような『5人組や、5人組の仲間達』に完全に任せて、他の『5人組や、5人組の仲間達』は、『5人組』と、関わっては、いけない。

 ①。この、『5人組』の、「生きている限り2度と」、「自力では動けない状態」とは、『5人組』が、「生きている限り2度と」、「自力では動けない状態」であると、見た目ですぐに分かる状態であること(手足が無い、首から下が無いなど)である。

  (1)。何故なら、その方が、『5人組や、5人組の仲間達』が幸せになるから。

  (2)。そして、『5人組』が、「生きている限り2度と」、「自力では動けない状態」であると、見た目ですぐに分かる状態は、『5人組』が、「生きている限り」、維持し続けること。

  (3)。『5人組』を、掘り出した後に、「すぐに」、『5人組』を、「生きている限り2度と」、「自力では動けない状態」にすることが、行われないならば、『5人組』は、良い父親になれないので、また生きたまま埋めて、千年間を最初からやり直すこと。

   1。『5人組』を、掘り出した後に、「すぐに」、『5人組』を、「生きている限り2度と」、「自力では動けない状態」にすることが、行われないならば、『5人組や、5人組の仲間達』は、不幸になる。

  (4)。『5人組』が、「生きている限り2度と」、「自力では動けない状態」であると、見た目ですぐに分かる状態であることを、維持し続けることが、行われないならば、『5人組』は、良い父親になれないので、また生きたまま埋めて、千年間を最初からやり直すこと。

   1。『5人組』が、「生きている限り2度と」、「自力では動けない状態」であると、見た目ですぐに分かる状態であることを、維持し続けることが、行われないならば、『5人組や、5人組の仲間達』は、不幸になる。

 ②。『5人組』を、掘り出した後に、「すぐに」、「生きている限り2度と」、「自力では動けない状態」であると、見た目ですぐに分かる状態に、掘り出された『5人組』をしないことは、悪事である。

 ③。掘り出された『5人組』が、「生きている限り2度と」、「自力では動けない状態」であると、見た目ですぐに分かる状態を、『5人組』が、「生きている限り」、維持し続けないことは、悪事である。

 ④。『5人組』の「親」と「兄妹」と「妻」は、不要になったら、掘り出して、「すぐに(5分以内)」に、駆除すること。

 ⑤。『5人組』を、掘り出した後に、「すぐに」、掘り出された『5人組』を、「生きている限り2度と」、「自力では動けない状態」であると、見た目ですぐに分かる状態にしたら、その後、クロのような子供『だけ』が、掘り出された『5人組』の世話などをすること。

  (1)。クロのような子供以外は、掘り出された『5人組』の、「世話などを、行ってはいけない」。

  (2)。クロのような子供以外は、掘り出された『5人組』の、「指示などを、受けては、いけない」。

  (3)。クロのような子供以外は、掘り出された『5人組』を(と、に、の)、「見る」、「会う」、「会話する」、「話しかける」、「声を聞く」、「触る」、「触れられる」、「手紙やメールなどを含め、文字や物などを、渡す」、「手紙やメールなどを含め、文字や物などを、受け取る」、「同じ家(建物、場所など)に居る」、「100km以内に存在する」などを行っては、いけない。

  (4)。クロのような子供は、「掘り出された『5人組』と、クロのような子供以外の、「★1の<29>の④の(3)」などを、行わせては、いけない」、「掘り出された『5人組』と、クロのような子供以外の、「★1の<29>の④の(3)」などを、助力しては、いけない」。

  (5)。クロのような子供以外は、誰も、掘り出された『5人組』と、関係を持っては、いけない。

  (6)。これが守られないのならば、掘り出された『5人組』は、良い父親には、ならないので、また千年間、生きたまま埋めること。

 ⑥。そして、千年間、生きたまま埋まり続けていた、掘り出された『5人組』は良い父親になり、子供たちは、とても幸せに暮らすことになる。



【★2。補足】

<1>。『5人組』が、掘り出された後に、良い父親になっていない(失敗した)場合には、また千年間、生きたまま埋めること。

<2>。『5人組』が、掘り出された後に、誰かに不幸(不快感、苦痛)などを与えた場合には、また千年間、生きたまま埋めること。

 ①。誰かに不幸(不快感、苦痛)などを与えない為などに、『心と考え』などを操作したり、奪う(壊す)などを行うことは、不幸(を与えていること)であり、悪事である。

<3>。ミーアキャットの砂漠に、何体も、『5人組』や、『5人組』の「親」と「兄妹」と「妻」が、生きたまま埋まっていても、構わない。

 ①。『5人組』が、途中で死んだ場合には、死んだ時までの全ての記憶を持たせて、死んだ時の『心と考え』などの状態で、蘇生して、また生きたまま埋めること。

  (1)。『5人組』が、途中で死んだ場合、また生きたまま埋めることになるので、また千年が足されることになる。

 ①。一度、生きたまま埋めた『5人組』は、連続した千年間が達成されるまで、埋め続けないと、いけない。

  (1)。途中で辞めては、いけない。

 ②。過去の、全ての、存在した『5人組』を、生きたまま埋めるほど、良い父親になる効果が高くなる。

  (1)。過去の、全ての、存在した『5人組』を用意することが、完全に不可能な場合、可能な分の全ての、存在した『5人組』を、生きたまま埋めること。

  (2)。この場合、死んだ時までの全ての記憶を持たせて、死んだ時の『心と考え』などの状態で、蘇生して、生きたまま埋めること。

  (3)。この場合、各『5人組』の、自分の生きていた全ての時間の、記憶の無くなっている部分が、無いようにすること。

<4>。千年間、生きたまま埋まり続けていた、掘り出された『5人組』が、良い父親になった場合には、食べ物、女、娯楽品などの物が、一切不要であるので、窓の無い何も無い「小さな部屋」に置いておくこと。掘り出された『5人組』が、何かを欲しがる場合には、良い父親になっていないので、また千年間、生きたまま埋めること。

 ①。「小さな部屋」以外には、出さないこと。

<4>。千年間、生きたまま埋まり続けていた、掘り出された『5人組』が、良い父親になった場合には、指示を出すことが無くなるので、何か指示した場合には、良い父親になっていないので、また千年間、生きたまま埋めること。

<4>。掘り出された『5人組』は、自分を不幸な状態であると見せ掛ける演技をよく行うので、騙されずに、良い父親になっていない場合には、また生きたまま埋めること。

<5>。掘り出された『5人組』を、また生きたまま埋めることに反対する『5人組や、5人組の仲間達』が発生する場合もあるが、良い父親は必要なので、良い父親になっていない場合には、また生きたまま埋めることを、断固として行うこと。

<6>。掘り出された『5人組』に、『心と考え』などの操作や、薬などの治療などを与えないこと。そのままが一番良い状態である可能性が高く、『心と考え』などの操作や、薬などの治療などを与えると、悪い父親に戻ってしまうので、『心と考え』などの操作や、薬などの治療などを与えた場合には、また生きたまま埋めること。

<7>。書かれている条件が、全て行われていない場合には、良い父親にはならないので、また生きたまま埋めて、千年間を待つこと。

 ①。書かれている条件を、全て行ったのか、しっかりと確認すること。

<8>。全てのことは、曲解などをして、行っては、いけない。  

<9>。『5人組や、5人組の仲間達』が、掘り出しては、いけない。

 ①。『5人組や、5人組の仲間達』が、誰かに、掘り出すことを頼んでは、いけない。

<10>。『5人組や、5人組の仲間達』が、掘り出した『5人組』を、運んでは、いけない。

<11>。私や善人が、1万年以上も、『5人組や、5人組の仲間達』から苦痛や不幸を強要されているのに、千年だけ埋められている『5人組や、5人組の仲間達』が、可哀想であると、いう間違った主張をする悪人には、『5人組や、5人組の仲間達』のせいで発生している、世界の「全て」の不幸を、体感させる必要がある。

 ①。『5人組や、5人組の仲間達』が、可哀想であると、いう間違った主張をする悪人は、『5人組や、5人組の仲間達』のせいで発生している、世界の「全て」の不幸を体感させることで、真実を知ることが出来る。

 ②。この罰は、世界の「全て」の不幸を、体感させるまで、終わらせては、いけない。

<12>。『5人組や、5人組の仲間達』は、『心と考え』に関係する操作などを受けていない状態で、生きたまま埋まっていること。

<13>。《5人組や、5人組の仲間達》を、生きたまま埋める前に、《5人組や、5人組の仲間達》に、必要量の拷問を与えること。

 ①。《5人組や、5人組の仲間達》を、生きたまま埋めることは、必要量の拷問を、与えてからにすること。

 ②。《5人組や、5人組の仲間達》への、拷問の必要量は、《5人組や、5人組の仲間達》以外の人が決定すること。

 ③。《5人組や、5人組の仲間達》への、拷問の必要量は、《5人組や、5人組の仲間達》の巨大な罪への、妥当性があるものにすること。

 ④。《5人組や、5人組の仲間達》へ、必要量の拷問を与えることで、この儀式の効果が高まる。



<<『5人組や、5人組の仲間達』は、妄想が真実であると、いう間違った認識を持つことで、ニヤニヤする(記事No.923)神共 歩(しんとも あゆむ)公式ブログ <shintomoayumu blog>『5人組や、5人組の仲間達』は、善人の行動などを、単純に、「正常な、行動の意味や結果などの認識」を持たず、「善人が行動した状態とは違う状態」などで、モノマネする(記事No.921)>>

コメント

コメントする

カテゴリ

最新記事

検索フォーム

↑このブログを検索が出来る。
記事No.や、使用している言葉などを枠に入力して[検索]をクリック。

プロフィール

神共 歩(しんとも あゆむ)

Author:神共 歩(しんとも あゆむ)
ただ今、「小説家になろう(外部サイト)」で無料小説を書いています。
 世の中を良くする方法を、とりあえず小説で書くことから初めてみようかなっと思いまして・・・
 分かりにくい表現や、誤字などがあるかと思いますが、今(2019/5)はかなり忙しくて直せません。内容はとても重要なことだと考えているのですが、生活に関して忙しいのです。3年以内に誤字などが直せたら上出来だと思っています。申し訳ありませんが、しばらくお待ちください。

月別アーカイブ