<お知らせ>・【2019/7~】小説家になろうで【悪がいるからダメなんだ】の小説を書いている。ブログの更新は、しばらくゆっくりになる。
・キャンプファイヤーで資金を集めています→★【神共 歩】「小説家になろう」のサイトで、無料小説を書いて、出版社に応募したい★
毎日、幸せを体で感じ、幸せな目線で、美しく広がった世界を見れるように

神共 歩(しんとも あゆむ)公式ブログ <shintomoayumu blog> > ★アレク達と、私の兵へ > 【アレクへ】(記事No.931)

★アレク達と、私の兵へ

【アレクへ】(記事No.931)

【★1。アレクへ】

<1>。楽しいことだけを、考える「意志の力」。

 ①。人は、一人で色々と考えていると、考える内容が暗くなってしまいがちである。

   だが、人は、明るい内容を考える力も持つ。

<2>。終わらないことは、存在しない。

 ①。全てのものには、終わりが存在する。

<3>。毎日、同じように思えても、必ず、どこかが違っている。

<4>。不快感は、涙で発散することが出来る。

 ①。涙は、不快感を無くそうとする為の、体の反応でもある、恥ずかしいことではない。

 ②。状態によって、泣いたり、泣かなかったりを、使い分けると良い。

<5>。体の不快感は、不快感を意識しないことで、少なく出来る。

 ①。不快感ではないこと(楽しい考えや、気持ちの良い感覚など)に、意識を持っていくこと。

 ②。だが、不快感から逃げようとすると、不快感が高まる場合もあり、その場合には、不快感に「もっと来い」と、不快感を強めようとすることで、不快感がすぐに消えていく場合もある。

  (1)。これを行っても、不快感がすぐに消えていくことが無いのなら、不快感ではないことに、意識を持っていくこと。

<6>。体の力を抜くと、気持ちいい。

 ①。油断にも繋がるので、場合による。

<7>。何も考えない時間も必要である。

 ①。体の力を抜くこと。

 ②。呼吸を、深くゆっくりにして、気持ちのいい呼吸をする。

 ③。考えを、完全に「無」の状態にする。

 ④。考えを、完全に「無」の状態にして、音だけを聞いているだけの状態。

 ⑤。考えを、完全に「無」の状態にして、見ているだけの状態。

 ⑥。考えを、完全に「無」の状態にして、呼吸をしているだけの状態。

 ⑦。考えを、完全に「無」の状態にして、触れているものに意識を集中する状態。

 ⑧。考えを、完全に「無」の状態にして、範囲内の存在に意識を集中する状態。

  (1)。これは、実際の範囲内の存在が、分からなくてもいい。

  (2)。上達するごとに、意識する範囲を広げていく。

  (3)。有能な僧侶ほど、この範囲が広く、空の高さから全体を意識できる人もいるらしい。

 ⑨。自分のことを、少し上などから見ている、良い人(神や先祖)が実際に存在するとして、常に、それの存在を意識している状態。

 ⑩。考えを、完全に「無」の状態にする為に、数を数えたり、短い言葉や、短い音を繰り返して考えることも使える。

 ⑪。これは、僧侶などが行う、瞑想の状態である、どれでも好きな方法でいい。

 ⑫。僧侶が発見した、それ以上のものを発見できる可能性もある。

<8>。神への祈り。

 ①。祈ることは、気持ちのいい体感があることである。

 ②。自分では出来ないことは、神にお願いすると良い。

  (1)。自分で行おうとすると辛いが、神が行ってくれると考えると、楽である。

 ③。神への願いは、全てを総合して神が考えた結果の、アレクに一番良い状態を与えるものとして、叶う場合が多い。

  (1)。神は、アレクの長い未来の全てを考えて、アレクに一番良い状態のものを与えようとする。

<9>。気持ち良いことを探す。

 ①。川のせせらぎ、葉が風で踊る音、肌ざわり、風を受ける肌、綺麗なものを見ること、匂い、丁度いい気候、ゆっくりの呼吸など。

 ②。気持ちいいことを、考えることでも、実際には無いのに、有るように思えて、気持ち良さは手に入る。

<10>。天国には、悪人が絶対に存在することが無く、毎日、朝から晩まで、気持ち良い、幸せな状態である。

 ①。天国での、私達の寿命は、とても長い。

 ②。あまりにも長い時間、毎日が気持ちが良く幸せなので、どのような不幸を体験したとしても、神は間違えていなかったと、納得してしまう。

 ③。『心と考え』は、敵にも知られている可能性があるが、天国に先に住んでいる人も聞くことが出来る。

  (1)。天国に先に行っている歩兵などが聞いて、既に色々と、準備している。

 ④。天国には、アレクの先祖がいる。

  (1)。アレクが言っていたことであるが、私も、そう思う。

<11>。自分で作る小説や、本の内容を考える。

 ①。小説とは、作り話である。

  (1)。私も、面白い作り話を作り、それを本などにして、売っている。

  (2)。21世紀の日本に来たアレクも行っていた。

  (3)。恋愛、冒険、旅、戦い、政治、など、登場人物の人生を考えると、発想しやすい。

  (4)。話を聞いた人が、実際に体験しているように想像が出来るように、実際の場面を分かりやすい、細かく表現された説明の文がいい。

  (5)。「いつ」=「冷たい風が、ほてった頬に気持ちがよい、空が赤く染まった夕暮れ時に」など。

  (6)。「どんな場所で」=「見渡す限り、乾いた石と砂しか無い場所だった」

             「石で造られた店の中には、細かい装飾が施されている高級な品が並んでいる」など。

  (7)。文章には、見たこと、聞こえたこと、触ったこと、匂いのこと、味のこと、心の感じたこと、考えたこと、などを、入れるとよい。

  (8)。100冊以上、話が続いても良い。天国の人に読ませても良い。天国では寿命が長すぎるから、娯楽も必要である。

 ②。導くための本。

  (1)。説明の為の文章でも良いが、「ことわざ」や、「名言」のように、導きを、短い1つの文にまとめて、分かりやすくしたものを、いくつも考えるのもよい。

  (2)。作り話(フィクションという)から、その話を実際に体験したかのように学べることがある。

 ③。美しい言葉などの詩。

<12>。私は、絶対に、アレクに不幸の状態を与えようとしない。

 ①。私は、絶対に、アレクの不幸の状態を望まない。

<13>。神は、不当を嫌い、不当な状態のままで構わないと考える悪人とは違う。

 ①。神は、必ず、釣り合わせる。帳尻が合うようにする。

 ②。つまり、不当な不幸には、必ず、神から幸せを与えられると、いうことである。

  (1)。時間の流れにより、その幸せは、不当な不幸よりも大きくなることで、釣り合うことになる。

  (2)。何が有っても、アレクは、天国に行く。

  (3)。この世界には、アレク(善人)の受けた不幸は、「全て」与えた人に返る、絶対の仕組みがある。

   1。返るのが、遅くなれば、なるほどに、返るものの大きさは、大きくなる。

  (4)。アレク(善人)に不幸を与えた人は、自分が不幸になるが、時間の流れにより、アレクに不幸を与えたから、自分が不幸になっていると、気付く場合もある。

  (5)。アレク(善人)に不幸を与えた人は、アレクが不幸の状態であれば、自分の不幸も続いていく。

  (6)。アレク(善人)に不幸を与えた人は、アレクの幸せな状態が続かないと、自分の不幸も続いてく。

  (7)。アレク(善人)に不幸を与えた人は、自分以外にも、不幸は伝染していき、自分と関係が深い人ほど、不幸が伝染する。

 ③。つまり、悪事を行った悪人は、必ず、罰を受けると、いうことである。

  (1)。時間の流れにより、その罰は、発生した時から到着するまでに、大きくなるので、悪事を行った悪人は、大きくなった罰を受けることで、釣り合うことになる。

  (2)。何が有っても、悪人は、地獄に行く。

  (3)。地獄とは、世界の寿命よりも長い時間、悪人が苦痛を受け続ける場所である。





<<『5人組や、5人組の仲間達』は、優先順位が分からない(記事No.932)神共 歩(しんとも あゆむ)公式ブログ <shintomoayumu blog>『5人組や、5人組の仲間達』は、他人に、間違った認識をさせようとする(記事No.930)>>

コメント

コメントする

カテゴリ

最新記事

検索フォーム

↑このブログを検索が出来る。
記事No.や、使用している言葉などを枠に入力して[検索]をクリック。

プロフィール

神共 歩(しんとも あゆむ)

Author:神共 歩(しんとも あゆむ)
ただ今、「小説家になろう(外部サイト)」で無料小説を書いています。
 世の中を良くする方法を、とりあえず小説で書くことから初めてみようかなっと思いまして・・・
 分かりにくい表現や、誤字などがあるかと思いますが、今(2019/5)はかなり忙しくて直せません。内容はとても重要なことだと考えているのですが、生活に関して忙しいのです。3年以内に誤字などが直せたら上出来だと思っています。申し訳ありませんが、しばらくお待ちください。

月別アーカイブ