<お知らせ>・【2019/7~】小説家になろうで【悪がいるからダメなんだ】の小説を書いている。ブログの更新は、しばらくゆっくりになる。
・キャンプファイヤーで資金を集めています→★【神共 歩】「小説家になろう」のサイトで、無料小説を書いて、出版社に応募したい★
毎日、幸せを体で感じ、幸せな目線で、美しく広がった世界を見れるように

神共 歩(しんとも あゆむ)公式ブログ <shintomoayumu blog> > ★私の意志 > 私の意志(記事No.99)

★私の意志

私の意志(記事No.99)

【★1。私とは】

 私とは、「神の代理人」である。



【★2。私の意志】

 私の意志、私の望みは、私の生き方を誰にも強要されず、自分の意志により、神から貰った命を、正しく使って生きることである。

 私は、暴かれなければ構わないだろうなどの悪の発想により、勝手に私の「心と考え」や、体を使われ、行動を強要される、遊び道具として使われたくない。



 私は、自分の命を、神の代理人として使いたい。

 神の代理人として、神から教えてもらったことを、人に教えたい。

 神が何を人に伝えたいのか、私の知っていること全てを、教えられるだけ教えたい。

 本当の神の想い、真理、真実、正しいこと、幸福の受け取り方、神の望み、神の害となっている者など、私の知っていること全てを、教えられるだけ教えたい。

 神の代理人として、現状の世界を、本来の世界(「正当で正しい世界」)に直す方法を示したい。



 私が何をして生きるか。

 私の幸せが何であるか。

 誰にも決められたくない。

 誰にも強要されたくない。



 勝手な妄想により、私の幸せを判断し、私の生き方を決め、私に命の使い方の強要をするな。

 私の生き方は、私が決める。

 私の幸せは、私が決める。



 「強要」からは何も得られない。

 「騙す(試すなど)」からは何も得られない。



 神の代理人の邪魔をする者を、神は絶対に許さない。

  ※1。神の代理人の補助は、神を補助することになる。



【★3。神に反抗するのならば、自業自得として、悪い報いを体験する】

 神は私に、「真理」を教え、「人はどうやって生きるべきなのか」を、教えてくれた。

 神は私に、「どうすれば人は幸せになれるのか」を、教えてくれた。

 神は私に、方法を教えてくれた。



 私の邪魔とは、神の代理人の邪魔であり、「神の教えを聞くことが出来なくなる」と、いうこと。



 神には伝える意志がある。

 私には伝える意志がある。

 だが、神も私も強要はしない。



 神の教えを不要とし、「神の代理人」の邪魔をするのならば、神の教えを聞くことは出来ない。

 神の教えを聞くことが出来なかった過去の「原因」により、現状に不幸が存在している(「結果」)。

 神の教えを聞く為には、悪人による、「神の代理人」への邪魔を防ぐ必要がある。

 「神の代理人」の邪魔をした結果、不幸になるのは、人である。

 神の教えを聞けなかった結果、不幸になるのは、人である。



 世界の全ては、「原因と結果」である。

 原因と結果の法則は、神が作った、絶対の法則である。

 「神の代理人」の邪魔をする(原因)と、人は不幸になる(結果)。

 「神の代理人」への邪魔が無い(原因)と、人は幸福になる(結果)。



 世界の全ては、神の意志による法則の、原因と結果なので、

 幸福になりたければ(「結果」)、幸福になるための「原因」が必要である。

 不幸になる「原因」を作ってしまうと、不幸になってしまう(「結果」)。 



 私は、世界の全ての幸せの為に、「神の代理人」として、神の教えを伝え続けるけれど、幸せ(教え)を拒むならば、幸せ(教え)を拒む人には、強要はしない。

 幸せを拒むならば、人は不幸なままで生きるしかない。

 自業自得である。

 神に反抗し、自業自得として、悪い報いを体験しても、神の原因と結果の法則の通りであり、神は構わない。

 神は人を救いたい意志があるが、人が神に反抗するのならば、神が人を救う法則は無い。



 救われたい(「結果」)のならば、救われる為の「原因」を作ることが、神の提示している法則である。

 救われる為の「原因」とは、「神の救いを拒まない」こと。

 救われる為の「原因」とは、「救われたいと意志を持ち、救われたいと表現(行動)をする」こと。

 救われる為の「原因」とは、「救われる為の行動をする」こと。

 救われる為の「原因」とは、「神の救いが来たら、神の救いを受け取ろうと行動する」こと。

 

 人の不幸とは、人が作り出したものである。

 神は人に幸福を用意して、地球(宇宙)を作った。

 不幸というのは、全て、人のせいである。

 「自分のせい」、「先祖のせい(過去の人)」、「社会のせい」など、不幸というのは、全て人が作り出したものである。

 不幸というのは、神のせいではない。

 ※1。人のせいにすると、怒りが発生し、苦しみが発生する。苦しみには意味がある。苦しみの意味を分からず、無意味に体感するのは、単なる苦痛である。苦痛を正しく分散して消すとよい。本当の苦しみの発生源を、直していく行動をとるべきである。「他の人(未来人を含む)に、同じ苦しみを体験させないように行動する」と考えると分かりやすい。(2019/6現在、そのうち詳しく書く予定)


 不幸であること(「結果」)の、「原因」を作り出したのは、人である。

 不幸であること(「結果」)の、「原因」は、人の「悪の心」から作られたものである。

 人の「悪の心」が作り出した不幸の「原因」は、人が解決するべきである。

 人が作り出した不幸の「原因」を、人が反省し、人が不幸の「原因」を治すべきである。

 救われる為の「原因」を作れないのならば、救われるという「結果」を与えるつもりは、神には無い。



 神の作った「原因」と「結果」の法則は、人が幸福になれる法則である。

 神の作った「原因」と「結果」の法則は、人を幸福にする法則である。

 神の作った「原因」と「結果」の法則は、神の世界の最善の法則である。

 神は最善の法則を変える必要は無いし、変える意志が無い。




 











<<私用の用意(記事No.100)神共 歩(しんとも あゆむ)公式ブログ <shintomoayumu blog>私の兵へ。【朝の意志表示1】(記事No.98)>>

コメント

コメントする

カテゴリ

最新記事

検索フォーム

プロフィール

神共 歩(しんとも あゆむ)

Author:神共 歩(しんとも あゆむ)
ただ今、「小説家になろう(外部サイト)」で無料小説を書いています。
 世の中を良くする方法を、とりあえず小説で書くことから初めてみようかなっと思いまして・・・
 分かりにくい表現や、誤字などがあるかと思いますが、今(2019/5)はかなり忙しくて直せません。内容はとても重要なことだと考えているのですが、生活に関して忙しいのです。3年以内に誤字などが直せたら上出来だと思っています。申し訳ありませんが、しばらくお待ちください。

月別アーカイブ