<お知らせ>・【2019/7~】小説家になろうで【悪がいるからダメなんだ】の小説を書いている。ブログの更新は、しばらくゆっくりになる。
・キャンプファイヤーで資金を集めています→★【神共 歩】「小説家になろう」のサイトで、無料小説を書いて、出版社に応募したい★
毎日、幸せを体で感じ、幸せな目線で、美しく広がった世界を見れるように

神共 歩(しんとも あゆむ)公式ブログ <shintomoayumu blog> > ★『5人組や、5人組の仲間達』

★『5人組や、5人組の仲間達』

《5人組や、5人組の仲間達》は、「何年も何年も」、《善人の仲間》の偽者として活動する(記事No.1195)

【★1。《5人組や、5人組の仲間達》は、「何年も何年も」、《善人の仲間》の偽者として活動する】

<1>。《5人組や、5人組の仲間達》は、《善人の仲間》の偽者として活動して、自分の「《善人の仲間》の偽者として、行動したこと」を、手柄として、《善人の仲間》に入ろうとする(認められようとする、受け入れられようとする)。

 ①。《実際としては》、《5人組や、5人組の仲間達》の、<自分の「《善人の仲間》の偽者として、行動したこと」は、褒められることである>という認識は、《悪である(間違った)》認識(価値観、妄想)である。

 ②。《実際としては》、《5人組や、5人組の仲間達》の、「《善人の仲間》の偽者として、行動したこと」は、悪事である。

 ③。《実際としては》、《5人組や、5人組の仲間達》の、「《善人の仲間》の偽者として、行動したこと」は、怒られる(批判される、罰を受ける)ことである。

<2>。《正当で、正常な、正しいことは》、偽者として活動することは、悪事である。

<3>。《5人組や、5人組の仲間達》は、偽者として活動して、自分は善行を行ったと、《悪である(間違った)》主張(表現)をする。

 ①。《5人組や、5人組の仲間達》は、<偽者としてでも、本物のする善行を行うならば、善行を行ったことになる>と、いう《悪である(間違った)》認識(価値観)を持つ。

 ②。《5人組や、5人組の仲間達》は、<偽者として活動することが出来ると、自分にも、本物のする善行を行うことが、可能であった>と、いう《悪である(間違った)》認識(価値観)を持つ。

  (1)。《5人組や、5人組の仲間達》は、<偽者として活動することが出来ると、自分にも、本物のする善行を行うことが、可能であった>と、いう《悪である(間違った)》主張(表現)を行う。

 ③。《5人組や、5人組の仲間達》は、<偽者として活動した実績を、自分にも善行が出来た証拠である(自分の手柄である)>と、いう《悪である(間違った)》主張(表現)を行う。

  (1)。《5人組や、5人組の仲間達》は、<偽者として活動した実績を、自分にも善行が出来た証拠であるので、褒められる(認められる、受け入れられる)ことである>と、いう《悪である(間違った)》主張(表現)を行う。

 ④。つまり、《5人組や、5人組の仲間達》は、自分が偽者として活動した、「悪事の実績」を、自分の手柄である(褒められるもの)として、《悪である(間違った)》主張(表現)をするのである。

  (1)。《真実としては》、悪事は、手柄ではなく、褒められる(認められる、受け入れられる)ことではなく、怒られる(批判される、罰を受ける)ことである。

<4>。《5人組や、5人組の仲間達》は、「何年も何年も」、偽者として活動して、「自分が善行を行った」と、いう《悪である(間違った)》主張(表現)をする。

 ①。《5人組や、5人組の仲間達》は、「何年も何年も」、偽者として活動した実績を作り、多めの実績の量があれば、自分が褒められる(認められる、受け入れられる)だろうという、《悪である(間違った)》判断(予想)をして、自分が納得が出来る実績の量が溜まると、「自分が行った、偽者として活動した実績」を、公表すると、いう悪事を行う。

  (1)。《実際としては》、《5人組や、5人組の仲間達》は、「何年も何年も」、悪事を行ったことから、自分の行った悪いこと(悪事)の量が、溜まっている状態である。

  (2)。《実際としては》、《5人組や、5人組の仲間達》は、「何年も何年も」、悪事を行ったことから、自分の行った悪いこと(悪事)への罰が、溜まっている状態である。

 ②。《真実としては》、《5人組や、5人組の仲間達》の、偽者として活動する悪事のせいで、世界中の人が、犠牲になっている。

  (1)。《真実としては》、《5人組や、5人組の仲間達》の、「何年も何年も」、偽者として活動する悪事のせいで、世界中の人が、「何年も何年も」、犠牲になっている。

 ③。《5人組や、5人組の仲間達》は、「何年も何年も」、偽者として活動する為に、私の、意識(寿命、命)を無くすと、いう悪事を行う。

  (1)。《5人組や、5人組の仲間達》は、「何年も何年も」、偽者として活動する為に、私の「やるべきこと」、「やりたいこと」を、私が出来ない状態にすると、いう悪事を行う。

  (2)。《5人組や、5人組の仲間達》は、「何年も何年も」、偽者として活動する為に、神の、必要であることを、私が行う状態を、出来ない状態にすると、いう悪事を行う。

   1。つまり、《5人組や、5人組の仲間達》は、「何年も何年も」、偽者として活動する為に、神の邪魔をすると、いう悪事を行う。




★『5人組や、5人組の仲間達』

《5人組や、5人組の仲間達》の、「奪っちゃってよ」、「やっちゃってよ」の指示や発言(記事No.1193)

【★1。《5人組や、5人組の仲間達》の、「奪っちゃってよ」、「やっちゃってよ」の指示や発言】

<1>。《5人組や、5人組の仲間達》(悪人、強要者)は、自分の、邪魔な存在の人(嫌いな人、羨ましい人)の持つものを「奪ってこい」と、他人に指示をする悪事を行う。

<2>。《5人組や、5人組の仲間達》(悪人、強要者)から、指示を受ける人は、《5人組や、5人組の仲間達》から、低能者であり、利用が出来ると見込まれ、《5人組や、5人組の仲間達》の指示を受ける位置に存在する。

 ①。《5人組や、5人組の仲間達》(悪人、強要者)から、指示を受ける人は、低能者であり、自分が悪事を行っている自覚などが、多数の理由から少ない。

 ②。《5人組や、5人組の仲間達》(悪人、強要者)から、指示を受ける人は、悪事に、反抗をしない人である場合が多い。

 ③。《5人組や、5人組の仲間達》(悪人、強要者)から、指示を受ける人は、悪事に、反抗を出来ない状態に、誘導されている場合も多い。

 ④。《5人組や、5人組の仲間達》(悪人、強要者)から、指示を受ける人は、悪事に、反抗を出来ない状態を強要されている場合も多い。

 ⑤。《5人組や、5人組の仲間達》(悪人、強要者)から、指示を受ける人は、《5人組や、5人組の仲間達》(悪人、強要者)から、自由に生きる状態を、奪われている状態であることが多い。

  (1)。そのような状態になるように、作られて生まれた場合がある。

  (2)。そのような状態になるように、DNAなどを、変化されて、作られた場合がある。

  (3)。そのような状態になるように、騙されて、生きている場合がある。

  (4)。《5人組や、5人組の仲間達》の悪事に、反抗が出来ない状態。

  (5)。《5人組や、5人組の仲間達》の悪事に、自分の主張(意見)を、自由に言えない状態。

<3>。《5人組や、5人組の仲間達》は、「相手の行動を制限しようとする」性質を持つことからも、「自分の、邪魔な存在の人(嫌いな人、羨ましい人)の持つものを「奪ってこい」と、他人に指示をする悪事」を行う。

<4>。《5人組や、5人組の仲間達》は、「相手のものを奪おうとする」性質を持つことからも、「自分の、邪魔な存在の人(嫌いな人、羨ましい人)の持つものを「奪ってこい」と、他人に指示をする悪事」を行う。

<5>。《5人組や、5人組の仲間達》は、他人に行わせるから、自分は安全な状態であると認識することから、気軽に悪事の指示を出す。

<6>。《5人組や、5人組の仲間達》は、相手が《正当で、正常な、正しい》状態で持っている「自由」や「持ち物」などに、自分が権利などを持たないのに(自分は相手が持っている状態(有能)に、関係の無い立場なのに)、自分が「与えてあげている」という《悪である(間違った)》認識を持つので、相手の《正当で、正常な、正しい》状態で持っている「自由」や「持ち物」などを奪うことに、抵抗が無い。

 ①。《真実としては》、相手が持っているものは、相手の《正当で、正常な、正しい》権利として、相手が持っているものである。

 ②。《5人組や、5人組の仲間達》は、「自分は、いつでも奪うことが出来るのに、奪わずに、与えておいてあげた」と、いう《悪である(間違った)》認識(価値観)を持つ。

 ③。《5人組や、5人組の仲間達》は、テリトリーなどの認識の異常から、「他人のもの」と「自分のもの」の区別の認識が正常ではない。

<7>。《5人組や、5人組の仲間達》は、自分が判断者であると、勝手に、《悪である(間違った)》認識(妄想)を持っている(世界観)。

 ①。《5人組や、5人組の仲間達》は、自分が、全てのことを、勝手に、判断して決めても構わない(自分が判断をする存在である)と、いう《悪である(間違った)》認識(妄想)を持っている(世界観)。

 ②。《5人組や、5人組の仲間達》は、「他人に与えるか、与えないか」、「他人が所有するか、所有させないか」などを、自分が、勝手に、判断して決めても構わない(自分が判断をする存在である)と、勝手に認識(妄想)している。

 ③。《5人組や、5人組の仲間達》は、正しいことを判断する能力が無い。

  (1)。《正当で、正常な、正しいことは》、正しいことを判断する能力が無いのならば、判断者ではない。

  (2)。《真理としては》、正しいことを判断する能力が無い人が、判断者ならば、世界は不幸になる(破綻する)。

<8>。《5人組や、5人組の仲間達》の、奪う対象は、「自分に都合の悪いもの」、「相手を低能者の状態にする為のもの」である。

 ①。《5人組や、5人組の仲間達》は、他人が持っていることで、自分の有能な状態(妄想)が壊されそうなものを、「奪ってこい」と指示をする悪事を行う。

 ②。似たものに「攻撃してこい」も、ある。

  (1)。攻撃することで、相手の有能な状態を無くそうとする為の悪事である。

  (2)。当然だが、相手が攻撃される正当な理由は無い。

<9>。《5人組や、5人組の仲間達》は、この悪事を、正当な(自然な、当然の)ことであると《悪である(間違った)》認識を持つ。

 ①。悪人が、「悪人を倒そうとする善人」を、攻撃することは、《正当で、正常な、正しい》ことではない。

 ②。《正当で、正常な、正しいことは》、「悪人が倒されること」、「悪人が低能者の状態」である。

<10>。《5人組や、5人組の仲間達》は、自分が有能であるという《悪である(間違った)》認識(妄想、世界観)を壊そうとする対象の、自由(権利、正当)などを奪う(強要)と、いう悪事を行う。

 ①。悪人は、自分の《悪である(間違った)》認識(妄想、価値観、世界観)を、他者へ強要すると、いう悪事を行う。

<11>。《5人組や、5人組の仲間達》の、この「奪っちゃってよ」、「やっちゃってよ」などの指示は悪事であるので、この行動には、大きな反発が起きることである。

 ①。《真理としては》、悪人が、善人から奪えば奪うほど、世界は不幸になる。

 ②。ちなみに、不幸な世界は、悪人にも損(苦痛)な状態であるが、悪人は認識せず、不幸な世界を作り出そうとする。

<12>。《正当で、正常な、正しいことは》、《5人組や、5人組の仲間達》は、他人から、何かを奪う権利が無い。

 ①。《正当で、正常な、正しいことは》、《5人組や、5人組の仲間達》は、他人の、どのようなものでも、1つも、奪う権利が無い。





★『5人組や、5人組の仲間達』

《5人組や、5人組の仲間達》の、全ての悪事に、罰を与えること(記事No.1191)

【★1。《5人組や、5人組の仲間達》の、全ての悪事に、罰を与えること】

<1>。《5人組や、5人組の仲間達》が、世界に発生して、《5人組や、5人組の仲間達》が、「完全に」、悪事を行えない状態になるまでの、全ての時間に、《5人組や、5人組の仲間達》の悪事がある。

 ①。ずっと時間が流れている。時間は止まることが無い。

 ②。《5人組や、5人組の仲間達》の悪事は、止まったことが無い。

<2>。《5人組や、5人組の仲間達》の発生から、《5人組や、5人組の仲間達》が、「完全に」、悪事を行えない状態になるまでの、全ての時間の、全ての悪事に、罰を与えること。




★『5人組や、5人組の仲間達』

《5人組や、5人組の仲間達》は、現実の、悪い状態を、正しく認識しない(記事No.1190)

【★1。《5人組や、5人組の仲間達》は、現実の、悪い状態を、正しく認識しない】

<1>。《5人組や、5人組の仲間達》は、理解の能力が無い。

 ①。《5人組や、5人組の仲間達》は、予測の能力が無い。

 ②。だから、《5人組や、5人組の仲間達》は、悪い状態からの、不快感が無い。

<2>。《5人組や、5人組の仲間達》は、妄想を、現実であると、認識する。

 ①。だから、《5人組や、5人組の仲間達》は、実際に、現実を体験するまで、現実を分からない。

  (1)。《5人組や、5人組の仲間達》は、実際に、現実を体験しても、現実が分からない。




★『5人組や、5人組の仲間達』

《5人組や、5人組の仲間達》は、他人に、自分を必要とすることを強要する悪事を行う(記事No.1189)

【★1。《5人組や、5人組の仲間達》は、他人に、自分を必要とすることを強要する悪事を行う】

<1>。《5人組や、5人組の仲間達》は、他人の自力を奪い、他人に、自分が必要になる状態を強要して、「自分が相手に、相手が必要とする自分の能力を、与えることを辞める」と、いう悪事を行う。

<2>。《5人組や、5人組の仲間達》は、他人が自力では出来ない状態であり、自分が必要な状態であると、いう予想(認識)があるから、「自分が相手に、相手が必要とする自分の能力を、与えることを辞める」と、いう悪事を行う。

 ①。《5人組や、5人組の仲間達》の予想が間違っていて、実際には、相手が自力で行うことが可能であった場合には、《5人組や、5人組の仲間達》は、相手が自力で行おうとすることを、邪魔(阻止)をする悪事を行う。

 ②。《5人組や、5人組の仲間達》の予想が間違っていて、実際には、相手が自力で行うことが可能であった場合には、《5人組や、5人組の仲間達》は、「自分が相手に、相手が必要とする自分の能力を、与えることを辞める」ことを、「自分が低能者であると判断されることであると、いう認識が無いことから抵抗が無く」、撤回する場合もある。

  (1)。《5人組や、5人組の仲間達》の予想が間違っていて、実際には、相手が自力で行うことが可能であった場合には、《5人組や、5人組の仲間達》は、「やはり、自分が行う」などと主張(表現、発言など)をして、「自分が相手に、相手が必要とする自分の能力を、与えることを辞める」と、いうことを撤回する。

  (2)。《5人組や、5人組の仲間達》の予想が間違っていて、実際には、相手が自力で行うことが可能であった場合には、相手は、「《5人組や、5人組の仲間達》が、相手に自分の能力を与えようとすること」を、望んでいないことが極めて多く、《5人組や、5人組の仲間達》の、「自分が相手に、相手が必要とする自分の能力を、与えることを辞める」ことを、相手が望んでいることが極めて多い。

   1。《5人組や、5人組の仲間達》の予想が間違っていて、実際には、相手が自力で行うことが可能であった場合には、相手は、「《5人組や、5人組の仲間達》が、相手に能力を与えようとすること」を、望んでいないことが極めて多く、《5人組や、5人組の仲間達》が、「自分が相手に、相手が必要とする自分の能力を、与えることを辞める」ことを、撤回することに、相手は不快(不幸、嫌)である。

<3>。《5人組や、5人組の仲間達》は、「自分が相手に、相手が必要とする自分の能力を、与えることを辞める」ことを、相手から止められ、相手に自分が必要であると、認識(主張)してほしがる、《悪である(間違った)》性質を持つ。

<4>。この悪事は、《正常な人》ならば、行わないことである。





カテゴリ

最新記事

検索フォーム

↑このブログを検索が出来る。
記事No.や、使用している言葉などを枠に入力して[検索]をクリック。

プロフィール

神共 歩(しんとも あゆむ)

Author:神共 歩(しんとも あゆむ)
ただ今、「小説家になろう(外部サイト)」で無料小説を書いています。
 世の中を良くする方法を、とりあえず小説で書くことから初めてみようかなっと思いまして・・・
 分かりにくい表現や、誤字などがあるかと思いますが、今(2019/5)はかなり忙しくて直せません。内容はとても重要なことだと考えているのですが、生活に関して忙しいのです。3年以内に誤字などが直せたら上出来だと思っています。申し訳ありませんが、しばらくお待ちください。

月別アーカイブ