<お知らせ>・【2019/7~】小説家になろうで【悪がいるからダメなんだ】の小説を書いている。ブログの更新は、しばらくゆっくりになる。
・キャンプファイヤーで資金を集めています→★【神共 歩】「小説家になろう」のサイトで、無料小説を書いて、出版社に応募したい★
毎日、幸せを体で感じ、幸せな目線で、美しく広がった世界を見れるように

神共 歩(しんとも あゆむ)公式ブログ <shintomoayumu blog> > ★『5人組や、5人組の仲間達』

★『5人組や、5人組の仲間達』

『5人組や、5人組の仲間達』が、【何故、それを選択したのか調べる】と、『5人組や、5人組の仲間達』を駆除しやすい(記事No.230)

<1>。『5人組や、5人組の仲間達』は、他にも多数の選択肢が存在しているのに、正当な繋がりの無い、嫌がらせの選択肢を、「故意に」選び、人に強要する。

<2>。他にも多数の選択肢が存在しているのに、【何故、それを選択したのか調べる】と、『5人組や、5人組の仲間達』の悪事の、系統(連続した流れ、手順)が解りやすい。

 ①。『5人組や、5人組の仲間達』は、正当な繋がりを持たない、曲解の答えを選択することが、社会に通用するという価値観を持っている。

 ②。『5人組や、5人組の仲間達』は、正当な繋がりを持たない、曲解の答えを選択することは、罰を受けないという価値観を持っている。

★『5人組や、5人組の仲間達』

『5人組や、5人組の仲間達』は、故意に、間違えていることを言う(記事No.227)

【★1。『5人組や、5人組の仲間達』は、「間違えている」と、いう他人からの叱り(しかり)を欲しがる】

<1>。『5人組や、5人組の仲間達』は、事象に対応して、「故意に、間違えている」ことを言い、その間違えへの対応として、「間違えている」という他人からの叱り(しかり)を欲しがる。

 ①。『5人組や、5人組の仲間達』は、事象に対応して、「故意に、間違えている」ことを言い、その間違えへの対応として、「間違えている」という他人からの叱り(しかり)を受けることで、快楽を得る。

  (1)。この行動は、『5人組や、5人組の仲間達』には、他人との、交流である。

  (2)。「故意に、間違える」ことで、認めたくない現実から逃避している状態である。

  (3)。「故意に、間違える」ことで、「思考に理論の繋がりが無い出鱈目な状態」になり、頭に快感が発生する。

  ※補足1。「思考に理論の繋がりが無い出鱈目な状態」とは、思考がぼやけて、魂が抜けたような状態であり、その状態になることから、頭に快感が発生する。

  (4)。『5人組や、5人組の仲間達』の快楽としての、「他人を騙すこと」と、「他人を誘導して相手を自分の自由に動かすこと」が成功した状態が、「間違えている」という他人からの叱りを受けている状態である。

 ②。『5人組や、5人組の仲間達』は、叱りが受けられないと、叱らない相手が悪いと考える。

 ③。『5人組や、5人組の仲間達』は、叱りが発生することからの、一時的な満足を手に入れるまで、「故意に、間違えた状態」を続ける。

  (1)。これにより、本当に満足することは無いので、満たされることが無く、一時的な快楽だと気付かないので、満足を手に入れる為に、何度も行う。

  (2)。叱りが手に入らないと、不満であり、また叱りを欲しがる行動が、再発する。

  (3)。叱りを与えた場合、一時的でも満足が手に入るので、もっと欲しいと、期待が高まり、叱りを欲しがる行動が、さらに増大する。

  (4)。『5人組や、5人組の仲間達』は、「故意に、間違えた状態」を何度も行う。何度も行い続けて、当然の習慣(反応、価値観)となる。

<2>。日本の、「西側」の、「お笑い(コメディ)」では、事象に対応して、「故意に、間違えている」ことを言い、その間違えに「間違えている」と、いう他人からの叱りが発生すると、笑いが発生する。






★『5人組や、5人組の仲間達』

私の善行への、良し悪しの判断は、誰も出来ない。(記事No.225)

【★1。私の善行は、世界の最優先事項であるので、誰の許可も受け付けない】

<1>。私の善行への、良し悪しの判断は、誰も出来ない。不可能である。

 ①。私の偽者による、悪事には、気付いてほしい。

 ②。答えを分かっていて、その答えを使った理論により、行動している私の善行に、答えを分からない人が、行動の良し悪しの判断をすることは出来ないから。

 ③。「私の判断」を使い、「私が行動する」。

<2>。『5人組や、5人組の仲間達』は、私の善行へ、「ダメだ」と表現して、邪魔をする。

 ①。この「ダメだ」の主張には、正当な理論が存在しない。

  (1)。なぜなら、私の善行は、神の代理として行っていることであり、ダメなことではないから。

  (2)。善行がダメであると、いう理論は成立しない。なぜなら、善行はダメなことではないから。

 ②。『5人組や、5人組の仲間達』は、私の善行に、自分は許可を出すことが出来る権利があると認識している。

 ③。『5人組や、5人組の仲間達』の、自分は有能者であるという、ごっこ遊びである。

  (1)。『5人組や、5人組の仲間達』は、自分に、判断する権利がある状態の妄想を楽しむ。

  (2)。『5人組や、5人組の仲間達』は、自分に、判断する権利があると、見せ掛ける。騙すことの快楽。自分が有能だと思われるという、妄想による快楽。

 ④。『5人組や、5人組の仲間達』は、出鱈目なことを行うことにより、快楽を得る。

  (1)。『5人組や、5人組の仲間達』は、無意味な状態を作ることから、快楽を得る。

  (2)。繋がりのない、結果を考えない、無意味な思い付き(閃き)のみで思考(行動)するのは、楽であり、現実と妄想の境目に居るような、快楽である。

  (3)。理論的に、正当な思考をするのは疲れる。

  (4)。無差別に、繋がりの無い、思い付き(閃き)だけの思考を、現実に対して使う、デタラメな状態は、快楽である。

  ※補足1。ストレス状態の場合に、ストレス解消の為に使われることもある、人の機能である。

  ※補足2。この出鱈目な状態で、現実で生きるのは間違いである。

        現実に対応していない、現実と繋がりの無い行動となるから。

  ※補足3。この出鱈目な状態は、低能者の思考の状態である。

  (5)。『5人組や、5人組の仲間達』は、「何かを取り出し、取り出した何かを、そのまま捨てる」行動を好む。

   1。通常、何かを取り出すのは、取り出すことに、「意味(繋がり、理由)があるから」である。

   2。『5人組や、5人組の仲間達』は、意味があり、何かを取り出したが、その取り出した何かを、そのまま捨てることで、「取り出したことが無意味になる」ことから、快楽を得る。

   3。『5人組や、5人組の仲間達』は、「取り出す意味が無いのに、何かを取り出す」行動から、快楽を得る。

  (6)。『5人組や、5人組の仲間達』は、私に行動を強要し、その私の行動を止めることで、快楽を得る。

   1。つまり、目的(目標)を、途中で辞めること(無意味なこと)から快楽を得る。

   2。この目的(目標)自体も、出鱈目から、発想されたこと(無意味なこと)である場合がある。

   3。『5人組や、5人組の仲間達』は、自分の出鱈目な行動に、他人が協力する(騙される)ことを楽しむ。

<3>。『5人組や、5人組の仲間達』は、自分の「ダメだ」とする判断により、私の善行を邪魔をすることは、悪事であると認識しているが、悪事を行っても、問題は無い(大丈夫、問題は発生しない)と考え、悪事を行う。

 ①。『5人組や、5人組の仲間達』は、私の善行が、ダメではないと認識して、「ダメだ」と表現する。





★『5人組や、5人組の仲間達』

『5人組や、5人組の仲間達』は、自分に嫌がらせをする、社会が嫌いであり、嫌いな社会に嫌がらせを行いたい(記事No.223)

【★1。『5人組や、5人組の仲間達』は、自分に嫌がらせをする、社会が嫌いであり、嫌いな社会に嫌がらせを行いたいと考えている】

<1>。『5人組や、5人組の仲間達』は、悪いことだと認識せずに、悪いことを行う。

  産まれたときから、ずっとそうである。生まれ付きに、悪いことだと判別する為の機能が備わっていないから。

<2>。『5人組や、5人組の仲間達』は、常に、悪いことをするので、常に、人から嫌がられ、怒られている。

<3>。『5人組や、5人組の仲間達』は、なぜ、自分が、人から嫌がられ、怒られているのか、分からない。

<4>。だから、『5人組や、5人組の仲間達』は、相手が悪い人であり、自分は相手から嫌がらせを受けていると受け取る。

  それは、『5人組や、5人組の仲間達』の、社会の見え方であり、社会への認識である。

  ※補足1。『5人組や、5人組の仲間達』は、自分が悪いのでは無く、他人が悪いと考える

<5>。『5人組や、5人組の仲間達』は、相手に嫌がらせを行い、相手にどれだけ不快感を与えられるかが、社会的な(世界の)、強さ(有能)を表現する方法であると、世界観として認識している。

<6>。『5人組や、5人組の仲間達』は、自分に嫌がらせをする、社会が嫌いであり、嫌いな社会に嫌がらせを行いたいと考えている。

<7>。現実の真実の認識では、『5人組や、5人組の仲間達』が、社会に嫌がらせ(悪事)を行うので、『5人組や、5人組の仲間達』は、社会から嫌がられ、怒られている(罰)状態である。

 ①。だが、『5人組や、5人組の仲間達』は、自分が社会から嫌がらせを受けているから、自分は社会に嫌がらせを行っていると、いう認識である。

  (1)。『原因』の前に『結果』は無い、『原因』の後に『結果』が在る。

  (2)。『5人組や、5人組の仲間達』から社会への嫌がらせが、『原因』として先に発生し、社会から『5人組や、5人組の仲間達』への怒りが、『結果』として後に発生する。

  (3)。ここで言う、社会とは、まともな人で構成されていると、する。まともな人は、怒ること(悪事)を行わない人には、怒らない。

 ②。現実の真実の認識では、社会に嫌がらせを行うことは悪事であり、絶対に防がなくてはいけないことである。

   欠陥品の逆恨みにより、社会に嫌がらせを行うことは、可哀想だから許されることではない。

   社会に嫌がらせを行うことを、可哀想だから許す(許可する)のならば、社会は嫌がらせを行われ続け、社会は被害を受け続ける。


【★2。『5人組や、5人組の仲間達』は、自分を有能だと評価してくれない、社会(他人)は、嫌い(悪い人)だと認識している】

<1>。社会や他人は、正当(正常)に有能を評価するように存在している。

  社会や他人は、正当(正常)に有能を評価するように存在しようとしないといけない。

<2>。『5人組や、5人組の仲間達』は、現実として低能であるので、現実である社会(他人)は、低能だと評価する。

<3>。『5人組や、5人組の仲間達』の、価値観(世界観)の、「有能」は、<現実の真実の認識>では、「有能」ではなく、「低能」である。

  ①。『5人組や、5人組の仲間達』と、社会(まともな人)の価値観は違う。

  ②。社会(まともな人)の価値観で、有能だと判断される事柄は、『5人組や、5人組の仲間達』の価値観とは違う。

  ③。同じように有能だと判断される事柄であっても、『5人組や、5人組の仲間達』の、自分は有能だという判定は、妄想の場合が多く、現実には、低能である場合が多い。

<4>。『5人組や、5人組の仲間達』は、自分を低能だと間違って評価する、社会(他人)は、嫌い(悪い人)だと考えている。

<5>。だから、『5人組や、5人組の仲間達』は、社会(他人)に、嫌がらせ(悪事)を行う。

<6>。<現実の真実の認識>では、他人の評価は、他人の価値観であり、他人が自由に持てるものである。

  その自由な評価に、「自分のほしいものではない」と、否定するのは間違っている。




 

★『5人組や、5人組の仲間達』

『5人組や、5人組の仲間達』は、論点をずらす(記事No.214)

【★1。『5人組や、5人組の仲間達』は、他人との会話中や、自分の思考中に、論点を逸らす】

<1>。論点をずらして考えるのは、現実逃避の能力や、相手を否定する為に使われる能力である。

<2>。論点をずらすのは、相手を否定することをゴール(目的、到着地点)として、思考や会話を進めるからである。

 <例えば>

 ①。A「」。B「」。

<3>。自分の思考中に、発生した考えからの、自分に都合の悪い不快感が発生するのを防ぐため、その考えを否定すること、その考えから逃避することに、使われる能力である。

<4>。『5人組や、5人組の仲間達』は、毎日、常に、呼吸するように自然に、無意識的にも悪事を行うので、過去の経験(思い出)に、自分に都合の悪い不快感を発生させるものが、多数ある。

 ①。自分は悪人であり、社会から嫌がられていて、社会の下位(低能)に位置する状態である。と、いう発想による不快感。

 ②。悪事を責められた思い出による不快感。自分が弱い状態(低能)に位置した思い出による不快感。

<5>。悪人は、毎日、常に、自分に都合の悪い不快感を発生させる「過去の経験の思い出」や「考え」を、否定して、逃避して生きている。

<6>。悪人は、毎日、常に、この能力を使うことで、現実逃避や、否定の能力(機能)を強化している。

<7>。論点をずらす能力は、自分の形勢が不利な状態になると、途中で意見を変更し、形勢が有利な方に移動しようとする、卑怯な行動にも使われる能力である。

<8>。論点をずらす能力は、「自分の知らなかった状態」が、他人から見て明らかであっても、「自分は知っていた」という発言や表現を行うことにも使われる能力である。

<9>。『5人組や、5人組の仲間達』は、正当な繋がりを認識する為の機能を持たないから、堂々と使う能力である。

 ①。『5人組や、5人組の仲間達』は、正当な繋がりを認識する為の、複数の機能を持たない。





カテゴリ

最新記事

検索フォーム

プロフィール

神共 歩(しんとも あゆむ)

Author:神共 歩(しんとも あゆむ)
ただ今、「小説家になろう(外部サイト)」で無料小説を書いています。
不快な世の中にウンザリしていて、善行をやらないとイライラが溜まるだけなので、やることにした。
世の中を良くする方法は知っているので、とりあえず小説で書くことから初めてみようかなっと思いまして・・・
今(2019/5)は結構ヒマなので、多少読者の質問に答えられそうです。返事が気に入らなくても文句を言わない約束で(反論&意見は受け付けます)★メール★からどうぞ。
 分かりにくい表現や、誤字などがあるかと思いますが、今(2019/5)はかなり忙しくて直せません。内容はとても重要なことだと考えているのですが、生活に関して忙しいのです。3年以内に誤字などが直せたら上出来だと思っています。申し訳ありませんが、しばらくお待ちください。

月別アーカイブ