<お知らせ>・【2019/7~】小説家になろうで【悪がいるからダメなんだ】の小説を書いている。ブログの更新は、しばらくゆっくりになる。
・キャンプファイヤーで資金を集めています→★【神共 歩】「小説家になろう」のサイトで、無料小説を書いて、出版社に応募したい★
毎日、幸せを体で感じ、幸せな目線で、美しく広がった世界を見れるように

神共 歩(しんとも あゆむ)公式ブログ <shintomoayumu blog> > ★『5人組や、5人組の仲間達』

★『5人組や、5人組の仲間達』

『5人組や、5人組の仲間達』は、「〇〇だから、行っていいわけではない」と、発言して、他人の正当な行動を、阻止する(記事No.914)

【★1。『5人組や、5人組の仲間達』は、「〇〇だから、行っていいわけではない」と、発言(主張)して、他人の正当な行動を、阻止(邪魔)する】

<1>。真実としては、〇〇だから、行っているわけではない、他人の正当な行動の状態である。

 ①。真実としては、他の要素もあるので、行っている、他人の正当な行動の状態である。

<2>。『5人組や、5人組の仲間達』の発言(主張)の、「〇〇だから」の、前に来る、「行っていいわけではない」と、する理由とは、『5人組や、5人組の仲間達』の「決めつけ」、「表の理由」、「曲解」、「間違った解釈」、「嫌がらせの為」などから、発生する間違った(不当な)主張である。

<3>。『5人組や、5人組の仲間達』が、「〇〇だから、行っていいわけではない」と、発言(主張)して、他人の正当な行動を、阻止(邪魔)することは、悪事である。

<4>。『5人組や、5人組の仲間達』の、「〇〇だから、行っていいわけではない」と、いう発言(主張)は、イチャモンである。





★『5人組や、5人組の仲間達』

阻止する『5人組や、5人組の仲間達』は、「真実のその後」を知ることが出来ない(記事No.913)

【★1。阻止する『5人組や、5人組の仲間達』は、「真実のその後」を知ることが無い】

<1>。阻止する『5人組や、5人組の仲間達』は、阻止しなかった場合の、その後に、何が発生した(起こった)のか、「真実のその後」を、知ることが出来ない。

 ①。宇宙の真理としては、再現しようとしても、厳密に、完全に同じ状態は発生しない。

  (1)。宇宙の真理としては、「常に」、世界は変化しているから。(「完全に」同じ状態の世界は、存在しない)

  (2)。『5人組や、5人組の仲間達』は、故意に、強要などで、不可能である、同じ状態を作ろうとする。

 ②。つまり、『5人組や、5人組の仲間達』が、阻止しなかった場合の、その後を、知る為に再現しても、「真実のその後」ではないものになる。

 ③。つまり、『5人組や、5人組の仲間達』の阻止で、阻止しなかった場合の、その後(「真実のその後」)は、完全に失われたのである。

<2>。『5人組や、5人組の仲間達』は、「分かっていないこと」を、「分かっている」と、間違った認識をする。

 ①。『5人組や、5人組の仲間達』は、「真実のその後ではないもの」を、「真実のその後である」と、間違った認識を持つ。

  (1)。『5人組や、5人組の仲間達』は、分かることが不可能であることを、分かろうとする。

<3>。『5人組や、5人組の仲間達』は、「分かっていないこと」を、「分かっている」と、間違った認識をして、私の本やブログなどの作業などを止める(阻止する、邪魔する)。

 ①。『5人組や、5人組の仲間達』が、私の本やブログなどの作業などを止める(阻止する、邪魔する)ので、永久に、「真実のその後」を知ることが出来ない。

 ②。改善、成長、増量などの発生する、「真実のその後」は、『正当で正しい世界』の形成に、とても重要なものである。

<4>。宇宙の真理としては、未来は、常に、変化するものであり、同じもの(状態)は、存在しない。

 ①。『5人組や、5人組の仲間達』は、部分の狭い範囲が同じ状態であると、世界の全ての範囲が、完全に同じであると、間違った認識をする。

 ②。宇宙の真理としては、『5人組や、5人組の仲間達』の、捏造などから、世界に過去の状況を再現しようとすることは、神に反発する悪事である。

 ③。宇宙の真理としては、『5人組や、5人組の仲間達』の、捏造などから、世界に過去の状況を強要しようとすることは、神に反発する悪事である。




★『5人組や、5人組の仲間達』

記録の映像に、よい角度で映ろうとする『5人組や、5人組の仲間達』が、「主犯」である可能性が高い(記事No.912)

【★1。記録の映像に、よい角度で映ろうとする『5人組や、5人組の仲間達』が、「主犯」である可能性が高い】

<1>。『映像を撮影するカメラ』の位置(存在)を知っていて、映像に、捏造の情報を残す為に、良い立ち位置などを知っている『5人組や、5人組の仲間達』がいる。

 ①。故意に、自分が、映像に映り込もうとする『5人組や、5人組の仲間達』がいる。

 ②。立ち位置が異常である、『5人組や、5人組の仲間達』がいる。

  (1)。サイコパスは、距離感(立ち位置)などが異常であることが多い。

 ③。「自己主張」、「愉快犯」などの、性質の表れである。

 ④。捏造の情報を作る(残そうとする)、実行犯である。




★『5人組や、5人組の仲間達』

『5人組や、5人組の仲間達』は、故意に、自分の不幸を楽しむ(記事No.910)

【★1。『5人組や、5人組の仲間達』は、故意に、自分の不幸を楽しむ】

<1>。『5人組や、5人組の仲間達』は、自分の不幸の状態から、自分が被害者の状態であると、間違った認識を持つ。

 ①。真実としては、不幸な状態と、被害者である状態は、等しい状態(イコール)ではない。

  (1)。真実としては、「被害者なので、不幸な状態である」と、いう場合はある。

 ②。『5人組や、5人組の仲間達』は、加害者の居ない自分の不幸の状態に、妄想から加害者を作り出し、妄想からの加害者が、自分の不幸の原因であると、間違った認識を持つ。

<2>。『5人組や、5人組の仲間達』は、自分が被害者(不幸)の状態であれば、他人から優遇され、感心を持って貰えると、いう異常な価値観を持つ。

 ①。『5人組や、5人組の仲間達』は、その為に、自分の、被害者(不幸)の状態を、他人に見せようとする。

<3>。『5人組や、5人組の仲間達』は、自分が被害者(不幸)の立場であれば、相手を批判できる、有能者の立場であると、いう異常な価値観を持つ。

<4>。『5人組や、5人組の仲間達』は、自分が被害者(不幸)の立場であると見せ掛けて、他人を騙すことが楽しい。

 ①。『5人組や、5人組の仲間達』は、他人を騙すことが楽しい。

 ②。『5人組や、5人組の仲間達』は、他人を騙して、他人の反応を見ることが楽しい。

<5>。『5人組や、5人組の仲間達』は、故意に、不幸な状況を思い浮かべ、自分は、その不幸な状況を体験しているという妄想をして、楽しむ(『ごっこ遊び』)。

 ①。『5人組や、5人組の仲間達』は、自分が、不幸な状況を体験していると、妄想する為に、不幸な状況の内容を、思い付く(発想する)。

 ②。一般的には苦痛の状態であるが、『5人組や、5人組の仲間達』は、このことから、快楽物質を発生させる。

 ③。一般的には苦痛の状態であるが、『5人組や、5人組の仲間達』には、罰から逃れる為に使ったり、同情から他力を得たりする為の、生存方法である。

 ④。『5人組や、5人組の仲間達』は、この苦痛の状態から、体に異常が発生すると、「平然と」、「一瞬で」、この状態を辞める場合もある。

<6>。『5人組や、5人組の仲間達』は、自分の不幸(苦痛)の状態を、相手にも与えたいので、相手にも、自分の不幸(苦痛)の状態を知らせようとする場合がある。

 ①。『5人組や、5人組の仲間達』は、相手に不幸(苦痛)を与えることが、楽しい。

 ②。『5人組や、5人組の仲間達』は、他人を、自分と同じような水準(それ以下)の、不幸な状態に引き込むことが、楽しい。

<7>。このことは、『5人組や、5人組の仲間達』以外にも行う人がいるので、救う必要がある人は救うこと。

 ①。このことは、『5人組や、5人組の仲間達』の行動の様式として、知ってほしいことである。
 




★『5人組や、5人組の仲間達』

『5人組や、5人組の仲間達』は、他人の反応を見た「後に」、言う(記事No.909)

【★1。『5人組や、5人組の仲間達』は、他人の反応を見た「後に」、言う】

<1>。『5人組や、5人組の仲間達』は、他人の反応を見た「後に」、自分の反応を決める性質を持つ。

 ①。『5人組や、5人組の仲間達』は、優勢である相手の意見に乗っかる為に、どちらが優勢であるか、結果が出るまで分からないので、結果を見てから優劣を判別して、優勢な方に乗っかる性質がある。

 ②。『5人組や、5人組の仲間達』の、自分が優勢な方に取り入る為の、生存方法でもある。

 ③。『5人組や、5人組の仲間達』は、自分の能力が低く、他人の能力に依存して生きるので、どの他人の能力に乗っかろうか、他人の能力などを、見極めてから、自分の反応を決める。

<2>。つまり、『5人組や、5人組の仲間達』は、悪事などの結果が出てから、その結果に自分の反応(言い訳など)を、始める。

 ①。『5人組や、5人組の仲間達』は、悪事などの結果が出てから、その悪事の批判を始める。

  (1)。真実としては、悪事の発生や、悪事の結果の悪い状態は、十分に予測できた場合でも、『5人組や、5人組の仲間達』は、この反応を行う。

   1。真実としては、悪事の発生や、悪事の結果の悪い状態は、十分に予測が出来たことであるので、阻止することが、当然であるが、『5人組や、5人組の仲間達』は、阻止しない。

  (2)。『5人組や、5人組の仲間達』は、悪事などの結果が出てから、その悪事の批判をすれば、自分の罪が減る(無くなる)と、いう間違った認識(価値観)を持つ。

 ②。『5人組や、5人組の仲間達』は、悪事が行われるより先に、自分の反応は出さない性質である。

  (1)。『5人組や、5人組の仲間達』は、「結果を予測する能力が低い」、「結果を予測していても、行われるよりも先に、反応は出さない」などの、性質である。

 ③。この性質は、<通常の正常な『心と考え』>を備えている人の反応ではない、異常な性質である。

<3>。『5人組や、5人組の仲間達』は、自分も嫌がらせを望んでいたが、自分だけは罰から逃れる為に、「第3者が行う、自分も望んでいた嫌がらせの悪事」の結果が出てから、「第3者が行う、自分も望んでいた嫌がらせの悪事」を、自分は望んでいないと見せ掛けて、批判を行う。

 ①。『5人組や、5人組の仲間達』は、結果が出てから、優勢な方に乗っかろうとする反応を始める。

  (1)。『5人組や、5人組の仲間達』は、悪事から、自分の満足する結果を得てから、自分は、その悪事とは関係ないと、反応を始める。

  (2)。『5人組や、5人組の仲間達』は、悪事の、行い終わった結果を得てから、自分は、その悪事とは関係ないと、反応を始める。

 ②。真実としては、この場合、「悪事を実行した第3者」と、「嫌がらせを望んでいた『5人組や、5人組の仲間達』」は、同じ立場の罪人である。




カテゴリ

最新記事

検索フォーム

↑このブログを検索が出来る。
記事No.や、使用している言葉などを枠に入力して[検索]をクリック。

プロフィール

神共 歩(しんとも あゆむ)

Author:神共 歩(しんとも あゆむ)
ただ今、「小説家になろう(外部サイト)」で無料小説を書いています。
 世の中を良くする方法を、とりあえず小説で書くことから初めてみようかなっと思いまして・・・
 分かりにくい表現や、誤字などがあるかと思いますが、今(2019/5)はかなり忙しくて直せません。内容はとても重要なことだと考えているのですが、生活に関して忙しいのです。3年以内に誤字などが直せたら上出来だと思っています。申し訳ありませんが、しばらくお待ちください。

月別アーカイブ