<お知らせ>・【2019/7~】小説家になろうで【悪がいるからダメなんだ】の小説を書いている。ブログの更新は、しばらくゆっくりになる。
・キャンプファイヤーで資金を集めています→★【神共 歩】「小説家になろう」のサイトで、無料小説を書いて、出版社に応募したい★
毎日、幸せを体で感じ、幸せな目線で、美しく広がった世界を見れるように

神共 歩(しんとも あゆむ)公式ブログ <shintomoayumu blog> > ★真実を認識する為の知識1

★真実を認識する為の知識1

善人に、攻撃しては、いけない(記事No.1343)

【★1。善人に、攻撃しては、いけない】

<1>。善人は、神が欲しがるもの。

 ①。つまり、善人は、神のものである。

 ②。神のものに、攻撃しては、いけない。



★真実を認識する為の知識1

神は怒る(記事No.1342)

【★1。神は怒る】

<1>。神は、怒りの機能を持っている。

 ①。怒りの発散の機能も持っている。

<2>。昔の人は、「神は怒ると、怖いもの(怖い対象である状態)になる」と、いう正しい認識をしていた。

 ①。これは、神の怒りの発散の結果が、怖いものになると、いう意味でもある。

【★2。目的が有るから、その為の行動をする、その行動を邪魔されるならば、怒りが発生する】

<1>。何かを行う場合、何の為に行うのかなどの、目的(理由)があることが、正常な状態である。

 ①。神も、正常な状態である。

<2>。神は目的の為に世界を作った。

 ①。神は、世界を作ることの目的を邪魔されると、怒る。





★真実を認識する為の知識1

現実に、有るものならば、有るものである。無いものではない(記事No.1340)

【★1。現実に、有るものならば、有るものである。無いものではない】

<1>。「知ることが出来ない」や、「分かることが出来ない」ことから、「それならば、無いものである」とは、成り立たないことである。

 ①。知ることが出来なくても、実際に有るものならば、有るものである。

  (1)。知ることが出来なくても、実際に有ったものならば、有ったものである。

  (2)。真実の状態を、知ろうとすることが、必要である。

 ②。分かることが出来なくても、実際に有るものならば、有るものである。

  (1)。分かることが出来なくても、実際に有ったものならば、有ったものである。

  (2)。真実の状態を、知ろうとすることが、必要である。

 ③。現実の状態が、不動の、答えなのである。

  (1)。現実の状態が、真実の、答えなのである。

 ④。現実の状態ではないものを、認識していること(前提条件としていること)は、間違いのものである。

 ⑤。因果は、連続したものであり、過去の因果を辿ることから、過去を知ることは、可能である。

  (1)。現状では、文明などの水準が足りないが、これは可能なことである。



★真実を認識する為の知識1

善人と悪人は、お互いに「殺してやる」と、いう意向を持つが、それは、善人が正しい状態であり、悪人が間違っている状態である(記事No.1337)

【★1。善人と悪人は、お互いに「殺してやる」と、いう意向を持つが、それは、善人が正しい状態であり、悪人が間違っている状態である】

<1>。悪人が、自分を攻撃する相手(善人)に、「殺してやる」と言う場合、相手(善人)も同じ思いなので、互いに同じことを言い合うような、変な状態になる。

<2>。善人は、正義が無いのに悪人を攻撃しない。

 ①。つまり、善人は、正義で、悪人を攻撃している状態である。

<3>。悪人は、悪事への罰を与える、善人から攻撃を受けている状態である。

 ①。先に、悪人からの、不当な攻撃が有った。

 ②。悪人が、自分の悪事への罰を受けている、正当であり、当然の状態である。

 ③。悪人は、自分の悪事への罰を受けている、正当であり、当然の状態に、反発している状態である。

  (1)。相手の善人は、正しいことを行っている状態であるが、悪人は、その正しいことを行っている状態に、苦情を言っているのである。

 ④。悪人が、相手の善人に「殺してやる」と、いう発言をすることは、間違っている状態である。

 ⑤。善人が、相手の悪人に「殺してやる」と、いう発言をすることは、正しい状態である。
 




★真実を認識する為の知識1

悪人を、「的確に選別」して、駆除する為の能力を、高める必要がある(記事No.1336)

【★1。悪人を、「的確に選別」して、駆除する為の能力を、高める必要がある】

<1>。戦いで、「正義の為に戦う善人」を消耗して(減らして)、悪人以外が含まれる敵を倒して、悪人を駆除するよりも、「★1の<2>」の方が、良い。

<2>。私は、悪人を「的確に選別」して、駆除することが、最善であると考える。

 ①。現状の文明が、少し高まるだけで、可能なことである。

 ②。現状でも、始められることである。

 ③。的確に選別することから、必要である、善人や、悪人以外の犠牲(消耗)が、少なくなる。

<3>。だが、悪人を的確に選別することが出来ないならば、昔ながらの「★1の<1>」の方法であっても、悪人を駆除するべきである。

 ①。現状には、どうしても、悪人の駆除が必要である。





カテゴリ

最新記事

検索フォーム

↑このブログを検索が出来る。
記事No.や、使用している言葉などを枠に入力して[検索]をクリック。

プロフィール

神共 歩(しんとも あゆむ)

Author:神共 歩(しんとも あゆむ)
ただ今、「小説家になろう(外部サイト)」で無料小説を書いています。
 世の中を良くする方法を、とりあえず小説で書くことから初めてみようかなっと思いまして・・・
 分かりにくい表現や、誤字などがあるかと思いますが、今(2019/5)はかなり忙しくて直せません。内容はとても重要なことだと考えているのですが、生活に関して忙しいのです。3年以内に誤字などが直せたら上出来だと思っています。申し訳ありませんが、しばらくお待ちください。

月別アーカイブ